ブラックOK
ブラックでも作れるクレジットカード?審査に通るには?

ブラックでも作れるクレジットカード?審査に通るには?

クレジットカードを作成するときには審査が行われますが、ブラックの人でも作れるのか気になるところです。
yuu
普通に考えるとブラックの人がクレジットカードの審査に通るのは無理そうですが、ブラックでも作れたという噂もちらほら。

この記事では

  • ブラックでも作れる審査の甘いクレジットカードはあるのか?
  • ブラックOKのクレジットカードがあるという噂
  • ブラックの人がクレジットカードの審査に通る方法

などについて解説しています。

SPONSOR LINK

ブラックでも作れる審査の甘いクレジットカードはある?

ブラックでも作れるクレジットカードはない

結論から言うと、基本的にはブラックでも作れるクレジットカードはほとんどないのですが、独自の基準で審査をする「ライフカード」または「アメリカン・エキスプレス・カード」なら、ブラックでも作れる可能性があります。

「ライフカード」「アメリカン・エキスプレス・カード」なら審査に通る可能性あり

ライフカードは過去に延滞がある人も審査対象

「ライフカード」は公式サイトで独自の審査基準で審査をしていることを公表しており、審査に不安がある方だけでなく、過去に延滞がある方をも審査対象としています。

他社のカード会社の審査では、個人のデータを年収や信用情報を基にスコアリングし、コンピュータによる自動審査をしているところ、ライフカードは一人ひとりを個別に審査し、返済能力を細かくチェックしているので、ブラックの人でも審査に合格する可能性があるのです。

審査に通りやすいライフカード【公式】はコチラ

アメリカン・エキスプレス・カードは現在の返済能力を重視

クレジットカード会社の多くが、信用情報にブラックな情報があると審査に落としますが、アメリカン・エキスプレス・カードは、信用情報に金融事故の履歴が残っていたとしても、現在の返済能力に問題がなさそうであれば、審査に通ることができます。

口コミなどでは、金融事故の中でも最も重いとされる自己破産から5年ほど経った人でも作れたという内容もあるので、金融事故から何年か経っていれば、審査に通る可能性があることが分かります。

自己破産後でもクレジットカードを作る方法を解説

自己破産後でもクレジットカードを作れる?方法や選び方

もちろん、必ず審査が通るわけではありませんし、ブラックの程度にもよるので、借金踏み倒しの過去があったり、延滞中の滞納者であれば、審査落ちの可能性も高いです。

しかし、「ライフカード」または「アメリカン・エキスプレス・カード」ならブラックの人よりの審査基準で審査をしてもらえることは間違いありません。

それら以外のクレジットカードはブラックである場合、基本的には審査落ちになると考えた方が良いでしょう。

ブラックの人は審査落ちがほとんど

クレジットカードの発行には必ず審査があり、あなたの年収や信用情報がチェックされますが、ブラックである場合はほとんどの人が審査落ちとなります。

もしあなたがブラックである場合は、審査のときに行われる個人信用情報の照会で判明するので、ブラックであることを隠すことはできません。

申し込みの際に虚偽の申告をしてもバレて、審査落ちとなるのでご注意を。

SPONSOR LINK

ブラックの人が審査落ちとなる理由

ブラックの人は審査で、クレジットカードの支払能力に問題があると見なされ、審査落ちとなります。

クレジットカードの審査は、あなたがちゃんと毎月の利用分を支払ってくれるのかを確認するために行われます。

ブラックの人は過去に長期延滞や債務整理といった金融事故を起こしているので、また金融事故を起こすのではないかと疑われてしまいます。

カード会社がカードの利用者からお金が回収できないという事態を防ぐためにも、支払能力に問題がある人はあらかじめ審査で落とされてしまうのです。

ブラックの状態を大きく2つに分けると、金融ブラックと申し込みブラックがありますが、それぞれの状態についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

クレジットカードの審査基準は厳しい?甘い?

クレジットカードの審査は甘すぎず、厳しいすぎない基準で行われています。

もちろん各カード会社による細かなルールの違いはありますが、ブラックの人が審査に通ることは難しいという点だけははっきりしています。

クレジットカードの審査に通るためには、最低でも次の3つのポイントをクリアしておくと良いでしょう。

  1. 安定収入があること
  2. 居住年数、勤続年数が1年以上であること
  3. 信用情報に金融事故の記録がないこと(ブラックでないこと)

安定収入があることとは、仕事をしていて、毎月お給料をもらっている状態を指し、アルバイトやパートの方も含まれます。

また、居住年数や勤続年数が一定期間以上あることは、審査で月々の収支が安定していると認めてもらうためのポイントになります。

主にこれらの3つのポイントを満たせば、大体において審査に落ちることはないでしょう。

個人の申告内容によっては、より細かな判断基準が入る場合もあります。

クレジットカード会社もカードを発行してもらうことで自社の利益につなげることができるので、返済能力に問題がない方は、積極的に審査に通すという姿勢です。

ブラックOKなクレジットカードがあるという噂

ブラックOKのクレカがあるという噂はウソ

アメリカン・エキスプレスや楽天カードを始めとして、ブラックでも作れるクレジットカードがあるという噂が、ネット上には多くあります。

実際にブラックでもクレジットカードが作れた事例があるようですが、その真相について詳しく解説します。

自分はブラックだと思い込んでいた

自分がブラックだと思い込んでいた人が、実際にはブラックではないため、クレジットカードの審査に通ることができ、ネット上で噂になったことが考えられます。

信用情報にブラックの履歴があるか?

あなたがブラックであるかどうかは、信用情報にブラックの履歴が記載されているかどうかです。

例えば、

  • ローンの返済期日に3日遅れて返済した
  • 携帯料金を一か月分滞納した

といった理由や条件で、自分がブラックになったと思い込んでしまう人もいるでしょう。

しかし、上記の条件では金融事故の履歴として信用情報には載らないため、ブラックとはなりません。

ローンや携帯料金などの各種支払いの遅れが「長期延滞」の金融事故として、信用情報に登録されるのは「61日以上または3ヶ月以上の延滞」である場合です。

ブラックリスト入りの確認方法

自分がブラックかどうかの確認ですが、CICJICC全国銀行協会の3つの信用情報機関へ、自分の信用情報の開示を申請できます。

手数料が500~1,000円かかりますが、気になる方は定期的に確認してみましょう。

信用情報機関やカード会社の手違い?

信用情報機関やカード会社の手違い?

3年ほど前に債務整理(自己破産)をしたブラックの人が、楽天カードの審査に通ったという事例があります。

参照元:先日楽天カードが可決できました。-Yahoo!知恵袋

このことから可能性として考えられるのは、ブラックの情報が信用情報に反映されなかったか、カード会社の審査ミスか、現在の収入が安定しているために審査に通れた特殊なケースであることが考えられます。

コンピュータによる自動審査も取り入れた、信用情報機関やカード会社の手違いとは考えにくいため、返済能力に問題がないと判断された特殊なケースではないでしょうか。

楽天カードは他社よりも比較的に審査がゆるいことでも有名で、このような情報を聞きつけた人によって、ブラックでも作れるクレカの噂が広まったことも考えられます。

しかし、このような事例はほぼありませんので、ブラックの人でも審査に通るクレジットカードはないと考えるのが正解です。

ブラックの人がクレジットカードの審査に通るには?

ブラックの人がクレジットカードを作る方法

ここではライフカードの独自の審査基準や、楽天カードの審査にブラックでも通れたという特殊なケースを抜きにして、ブラックでもクレジットカードの審査に通る方法を解説します。

そのブラックでもクレジットカードの審査に通る方法とは、ブラック期間の経過によって、ブラックの状態から抜け出すことです。

ブラックの状態は主に4種類の債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)と長期延滞、多重申込み(申し込みブラック)に分けられます。

ブラックの情報が信用情報に掲載されるのは、内容によって6ヶ月~10年となっています。

信用情報機関による掲載期間
長期延滞 完済から1年(JICC)・5年(CIC・全国銀行個人信用情報センター)
自己破産 免責決定日から5年(CIC・JICC)・10年(全国銀行個人信用センター)
任意整理 完済から5年(JICC)
個人再生 完済から5年(JICC)・10年(全国銀行個人信用センター)
特定調停 5年(CIC・JICC・全国銀行個人信用センター)
多重申込み(申し込みブラック) 最後の申し込みから6ヶ月間

上記の記載期間が過ぎると、ブラックの状態から抜け出すことができます。

クレジットカードの審査に通るにはブラックでないことはもちろん、安定収入や返済能力も必要になるのでお忘れなく。

審査が比較的甘いことでおすすめの楽天カードなど、審査が甘いとされるカード会社に申し込むことも審査に通りやすくなるポイントです。

審査ではカード会社がすべての機関の信用情報を確認しないこともあるようで、稀にきっちり5~10年待たずとも審査に通ることがあるようです。

クレジットカードのブラックリストに載る期間が何年なのかについては、こちらの記事でも解説しています。

クレジットカード審査のブラック期間はいつから解除?

クレジットカード審査のブラック期間はいつから解除?

審査なしのデビットカードならブラックでも作れる

デビットカードならブラックでも作れる

ブラックだからクレジットカードが作れないという方には、審査なしで作れるデビットカードもおすすめです。

デビットカードの支払いは口座から即時引き落とし

デビットカードは、口座引落で後払いのクレジットカードとは異なり、支払い時に即時に口座からの引き落としなので、ブラックの方でも作ることができます。

デビットカードは、決済時に支払い金額以上の残高が口座に残っていないと決済できないので、クレカのように後からくる高額の請求に困るということもありません。

レジでの会計時にカードを差し出すだけなので、デビットカードを持っていればクレジットカードと同じようにキャッシュレスで支払いができます。

VISAデビットとJCBデビット

デビットカードの代表的なブランドにはVISAデビットとJCBデビットがあります。

VISAデビットの方が海外で使えるお店も多く、日本でも三菱UFJ銀行や三井住友銀行など多くの銀行が採用しており、作成するときの選択肢が多いです。

JCBは日本の企業で、デビットカードへの参入もVISAデビットよりも遅かったため、取扱っている銀行がVISAデビットに比べ、少ないのです。

SPONSOR LINK

まとめ

ブラックでも作れるクレジットカードは基本的に存在しませんが、ライフカードなら審査に通る可能性があります。

債務整理から時間が経ち、返済能力が十分あると判断された人の中には極稀に作れた人がいるようですが、特殊なケースとなるので、ブラックの人はクレカを作れないものと考えるのが正しいでしょう。

ブラックの人は問題解決から6ヶ月~10年経ち、ブラックの状態から抜け出すことができれば、クレジットカードの発行も可能です。

ブラックの人はまずブラックの状態を抜け出し、返済能力をつけることを考えましょう。

キャッシュレスで買い物がしたいのであれば、審査なしで作れるデビットカードが、ブラックの方にもおすすめです。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA