ブラック融資OK
ブラックでも銀行融資|銀行カードローンで借り入れはできる?

ブラックでも銀行融資|銀行カードローンで借り入れはできる?

カードローンでお金を借りるなら、低金利で安心感のある銀行カードローンがおすすめです。

しかし、ブラックの方にとっては自分でも借入ができるのか、気になるところでしょう。

そこでこの記事では、ブラックの人でも銀行カードローンで借入ができるのかについて解説しています。

その他、ブラックの人でも借入ができる消費者金融や、お金を作る方法も載せましたので、参考にしてみて下さい。

SPONSOR LINK

ブラックでも銀行融資?銀行カードローンで借り入れはできる?

ブラックでも銀行融資?銀行カードローンで借り入れはできる?

結論からいいますと、ブラック(金融ブラック・申込ブラック)の人が借りられる銀行カードローンはありません。

消費者金融と比べて低金利で借りられる銀行ローンは、その分、審査難易度も高く、いくら安定収入があっても、信用情報に傷があっては、返済能力が不十分とされるのです。

SPONSOR LINK

ブラックの人は審査落ち

過去に延滞や債務整理をしている金融ブラックの人だと、お金をきちんと返済できない人と見られ、また金融事故を起こす可能性があると判断されてしまい、審査落ちとなります。

また、短期間に何件も申込みをしている申込ブラックの人だと、お金に相当困っている人と判断され、返済してもらえるか不安と思われてしまい、審査落ちとなります。

銀行ローンは信用情報を重視

銀行カードローンは信用情報を重視

カードローンの利息によって利益を得ている銀行カードローンの審査では、個人の信用情報の内容が重視されます。

信用情報に問題のある人にお金を貸すことは、貸し倒れのリスクが高まることなので、ブラックの人を審査に通すことはしません。

逆に、収入がそれほど高くなくても、信用情報に問題のない人は、審査に通る可能性が十分あります。

ブラック状態の期間を抜ければ審査に通る可能性あり

信用情報がブラック状態の人が銀行ローンでお金を借りる方法は、ブラック状態の期間を抜け出すしかありません。

金融事故が信用情報に掲載される期間は、種類により以下の様になります。

金融事故 信用情報の掲載期間
長期延滞(2か月~3か月) 1年~5年
代位弁済 5年
債務整理 5年~10年
強制解約 5年
多重申込み(申込ブラック) 6ヶ月

金融事故を起こしてしまうと上記の期間は、信用情報に掲載されるため、各種ローンやクレジットカード、携帯の分割払いの審査に通ることは難しくなります。

信用情報のブラック状態については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

信用情報のブラック状態についてより詳しく解説

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

ブラックでも銀行カードローンで借りれたという口コミは嘘

ブラックでも銀行カードローンで借りれたという口コミは嘘

ネット上にはブラックの人が、銀行カードローンで借りれたという口コミを見かけることがありますが、事実ではありません。

銀行カードローンの審査では、必ず信用情報の確認が行われますし、ブラックの人は確実に審査落ちとなるからです。

ブラックの人でも借りれたという口コミがある理由として、ブラックではない人が自分をブラックだと思い込んでいたことが考えられます。

自分をブラックだと勘違い?

自分をブラックだと勘違いしてしまう原因として、ローンやクレジットカードの支払い(返済)の延滞が考えられます。

延滞になってしまうのは61日以上の返済遅れ

延滞になってしまうのは61日以上の返済遅れ

ローンやクレジットカードの延滞が信用情報に載ってしまうのは、61日以上の延滞をしてしまった場合です。

しかし、延滞をした人の中には、61日未満の延滞でブラックになったと思い込んでしまった人もいる可能性があります。

そんな人が銀行系カードローンの審査に通った場合、銀行カードローンはブラックでも借りれたという、事実とは違う口コミが流れてしまったのでしょう。

ブラックの状態を確認

その他、延滞以外でブラックになってしまう状態を確認しましょう。

  • 過去5年以内に債務整理(任意整理、個人再生、特定調停)をした。
  • 過去5~10年以内に自己破産をした。
  • 携帯・スマホ本体の分割払いを61日以上延滞した。
  • 過去6ヶ月以内に多重申込み(1ヶ月に3件以上が目安)をした。
  • 過去5年以内に代位弁済で返済をした。

金融事故によってブラックに認定されるまでの時間や、ブラック状態になってしまう期間はモノによって様々なので、勘違いが起きてしまうことがあります。

ちなみに公共料金や税金の支払いの遅れは、クレジットカード払いでの遅延でもしない限り、ブラックにはなりません。

公共料金の支払いでブラックになる場合とならない場合を詳しく解説

もし、自分がブラックなのかどうか分からない場合は、信用情報機関に個人信用情報の開示請求をして確認できます。

個人信用情報の開示請求

個人信用情報の開示請求

個人の信用情報は、信用情報機関に開示請求をすれば、確認できます。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などは、以下の3つの信用情報機関に加盟しています。

上記3つの信用情報機関は提携をして、情報交流CRINというシステムで個人信用情報を共有しています。

各信用情報機関への開示請求は、インターネット、電話、窓口にて、手数料500~1000円でできます。

ブラックだと大手消費者金融でも審査落ち

ブラックだと大手消費者金融でも審査落ち

ブラックであることが理由で銀行カードローンで融資を受けられない場合は、消費者金融でお金を借りようとする人もいるかもしれません。

しかし、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では、ブラックの人は審査落ちとなります。

消費者金融の方が銀行カードローンより審査難易度が低いといっても、大手銀行グループのプロミスやアコムは申込者の数も多く、優良顧客を選ぶことができます。

返済能力の高い人を厳選するため、信用情報に問題のあるブラックの人はコンピュータによる自動審査で、審査落ちとなるのです。

こちらの記事では、大手消費者金融プロミスの審査について確認できます。

プロミス審査の解説はこちら

プロミス審査は甘い?合格するのに大事な条件は安定収入と信用情報

中小消費者金融ならブラックの人でも借りられる可能性あり

中小消費者金融ならブラックの人でも借りられる可能性あり

ブラックの人がお金を借りたいのであれば、 審査通過の可能性があるのは、中小消費者金融になります。

中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融で審査落ちになる人に対しても、貸付を行っています。

もちろん、ブラックの人でも中小消費者金融で審査落ちとなる可能性はありますが、金融事故から何年も経っていて、現在は生活が落ち着いている人であれば、審査に通ることは可能です。

中小消費者金融の口コミでは、ブラックでも借りられたという口コミが多数見つかります。

鬼ブラックでも借りられる消費者金融5つ

鬼ブラックでも借りられる消費者金融5つ|申し込みブラックOK

審査なし・ローン以外でお金を借りる

審査なし・ローン以外でお金を借りる

銀行や消費者金融でもカードローン審査に通るのが難しいのであれば、審査なしのローン以外でお金を借りることも検討しましょう。

例えば、以下の方法があります。

  1. 給料ファクタリングで借りる(審査あり)
  2. 質屋に担保預けてお金を借りる
  3. クレジットカードのキャッシング枠で借りる
  4. 身内に借入の相談する

それぞれの方法を解説します。

1.給料ファクタリングで借りる(審査あり)

給料ファクタリングとは、あなたの給料債権(給料をもらう権利)をファクタリング業者に買い取ってもらい、現金を手に入れる方法です。

審査はあるのですが、仕事をしていて安定収入があることを証明できればOKなので、信用情報の確認がなく、ブラックの方でも審査に通る可能性があります。

お金の融資ではないので利息はかかりませんが、給料の5%~の手数料がかかります。

給料ファクタリングについて、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

七福神の給料ファクタリングを解説

七福神の給料ファクタリング|審査の口コミ【ブラックでも即日で現金化】

2.質屋に担保預けてお金を借りる

質屋に担保を預けてお金を借りる方法であれば、返済能力の審査はないので、ブラックの人でもお金を借りることができます。

質屋の仕組みは、担保として預けるモノの査定をして、その査定額分の金額が借りられるというものです。

担保として預けるものは、高級ブランド品や貴金属など、資産として価値のあるものに限られ、返済期限である3ヶ月以内に元本+利息分の返済ができれば、担保は戻ってきて、返済できなければ質屋のモノになってしまいます。

以下に紹介する質屋の大手「大黒屋」は、質屋の業務だけでなく、不要品の買取もしているので、家にある不要品を売って、現金を作ることもできます。

質屋の大黒屋【公式サイト】

3.クレジットカードのキャッシング枠で借りる

3.クレジットカードのキャッシング枠で借りる

キャッシング枠の付いたクレジットカードであれば、金融機関やコンビニの提携ATMからお金を引き出すことができます。

タッチパネルの簡単な操作でお金を引き出すことができ、返済方法は一括返済かリボ払いを選びます。

いとも簡単にお金を借りることができてしまうので、借金をしているという認識で、使いすぎに注意しましょう。

4.身内に借入の相談する

どこからもお金を借りられない場合は、親や兄弟などの身内に借入の相談をすることもできます。

ローンのような金利がかからず、返済期日も融通が利くこともありますが、親しい間柄だからこそ、約束は必ず守るという姿勢で臨み、人間関係が壊れないようにしましょう。

闇金の利用は絶対にダメ!

闇金の利用は絶対にダメ!

どこからもお金が借りられない…

そんな人を狙った闇金には絶対に手を出さないようにしましょう。

闇金は「ブラックでも即日融資」「審査なしで誰でも借りれる」といった、銀行や正規の貸金業者ではあり得ないような宣伝文句で、ネット上や街角の広告で宣伝をしています。

闇金の手口や恐ろしさについて解説

法外な利息を取られるだけでなく、個人情報の盗用、違法な取り立てなど、あなたの身が危険に晒されることになります。

また、少額の借入ですぐに完済をすれば大丈夫と考えても、あの手この手で返済させないようにし、返済不能な借金を抱えてしまうこともあるので、絶対に闇金に手を出してはいけません。

SPONSOR LINK

まとめ

ブラックの人は銀行カードローンでお金を借りることはできません。

消費者金融の場合は、大手の会社では審査落ちとなりますが、中小消費者金融であれば審査に通る可能性があります。

ブラックだけどお金を借りる必要があるのであれば、ローン以外や審査なしで借りれる方法であなたの都合に合ったものも検討してみましょう。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA