ブラック融資OK
カードローン・借金の返済が終わらない!借金問題の解決方法

カードローン・借金の返済が終わらない!借金問題の解決方法

「借金の返済が終わらない…」

そんな悩みを抱えていると、常にストレスを感じることになり、苦しいですよね。

この記事では、カードローンや借金の返済が終わらない、または返済できないときの解決方法を解説します。

また、返済を早く終わらせるコツや、返済が終わらない原因などもお伝えするので、借金問題にお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

SPONSOR LINK

サクッと読む見出し

カードローン・借金を返済できない(終わらない)時の解決方法

カードローン・借金の返済が終わらないときの解決方法

カードローンや借金やクレジットカードの返済が終わらないときは、まずは弁護士や法律事務所に相談をして、返済できないときの救済措置がないか検討しましょう

そこで提示される解決方法は主に2つ、

  1. 債務整理をして借金を減額してもらう
  2. 自己破産をして借金を免除してもらう

のどちらかになります。

それぞれどういった内容になるのか見てみましょう。

SPONSOR LINK

1.債務整理をして借金を減額してもらう

毎月の収入はあるけど、月々の返済が厳しい、または完済の見込みがないという人は、債務整理で借金の減額をして、返済の負担を減らしましょう。

債務整理は、細かく分けると次の3種類に分けられます。

  1. 任意整理
  2. 個人再生(民事再生)
  3. 特定調停

それぞれどういった手続きになるのか、見てみましょう。

1-1.任意整理

1-1.任意整理

任意返済は、弁護士・司法書士を代理人として立て、貸金業者との直接交渉で借金の減額を行う手続きです。

原則として金利をカットし、元本のみを3~5年ほどの期間で返済をしていく内容の和解契約を貸金業者と結びます。

裁判所を通さないため、手間をかけずに借金の減額ができます。

1-2.個人再生(民事再生)

個人再生は裁判所を通じて、貸金業者に借金減額の交渉を行います。

借金総額にもよりますが、一般的には返済金額を概ね1/5まで減額して、3~5年かけて返済を行うので、任意整理よりも借金を減らすことができます。

自己破産だと所有財産の処分があるのに対し、個人再生は不動産や住宅などの資産を残したまま手続きができます。

1-3.特定調停

1-3.特定調停

特定調停は、簡易裁判所があなたと貸金業者との仲裁に入り、利息のカットや借金の減額方法について話し合いを行います。

簡易裁判所が借金の返済条件を軽減するよう貸金業者に働きかけ、返済の負担を減らします。

任意整理と似ていますが、簡易裁判所を通しての手続きになるので、差し押さえ(※債権者が裁判所を通して強制的に財産を回収すること)を防ぐことができます。

2.自己破産をして借金を免除してもらう

自己破産は裁判所によって、すべての債務(借金)を免除してもらう手続きで、自己破産も債務整理の1つです。

自己破産は、裁判所に借金の返済が不能であることを認めてもらうことで、免責(債務から逃れること)が可能となります。

ただし税金の支払いは免除されません。

一定以上の価値のある財産をお金に換えて、債権者への返済に充てるので、失う財産もありますが、20万円を超えない程度の財産は手元に残すことができます。

借金の減額や免除をしてもらう債務整理について解説しましたが、以下の記事では債務整理の無料相談ができる「おしなり法律事務所」の特徴や口コミ評判を紹介しています。

借金の無料相談はおしなり法律事務所へ

債務整理のデメリット5つ

債務整理のデメリット

債務整理をすると、基本的に金融機関や貸金業者のローンでお金を借りることができない、クレジットカードを作れない、スマホの分割払いができないなどのデメリットが生じます。

1.金融ブラックになってしまう(信用情報への登録)

ローンの利用やクレジットカードが作れなくなる原因は、あなたの信用情報に債務整理を行った履歴が残ってしまい、金融ブラックの状態になってしまうことです。

ローンや分割払いを利用したり、クレジットカードを作るときは返済能力の審査が必要になりますが、審査では信用情報の照会が行われるため、あなたが金融ブラックの状態であると、審査の際に返済能力が不十分と見なされ、審査落ちとなるのです。

債務整理をした履歴が信用情報に残る期間は、任意整理と特定調停で5年、個人再生と自己破産で5~10年です。

信用情報が回復するまでの期間を詳しく解説

債務整理をすると「戸籍に残る」「年金の受給権がなくなる」といった噂がありますが、全くのデマで事実ではありません。

2.財産を手放す場合がある

財産を手放す場合も…

債務整理の中でも、自己破産の手続きをすることになった場合は、家や自動車などの財産を手放さなければいけなくなります。

自己破産をした場合、本人以外の家族が持つ財産まで影響することはそれほどありませんが、面目ない気持ちにもなるものです。

また、家族以外の周囲の人にバレないかビクビクしたりすることもあるかもしれませんが、自己破産を周りにバレずに行うことは十分可能です。

自己破産後の生活や、自己破産をするとどうなるかについては、以下の記事で詳しく解説しています。

自己破産するとどうなる?自己破産後の生活やデメリット

自己破産するとどうなる?自己破産後の生活やデメリット(困ること)

3.証人へ請求がいく

債務整理をすると返せない借金の請求は保証人へいくので、保証人に迷惑を掛けることになります。

人間関係を崩壊させることにもなるので、保証人付きでお金を借りる際は、必ず自力で返すようにしましょう。

4.官報に掲載される

自己破産と個人再生に限っては、手続きをした情報が官報(政府発行の広報誌)に記載されます。

しかし官報は、一般の方が普段目にすることはほとんどないので、官報が原因で周りの人に債務整理がバレることは考えにくいです。

5.職業の制限を受ける

自己破産をすると、破産申立から免責決定までの期間は就けない職業、または一時的に資格の制限を受ける職業があります。

例えば、弁護士や公認会計士、税理士などの士業や、保険の外交員や警備員といった社会的信用を必要とする職業です。

自己破産によって制限を受ける職業・仕事を詳しく解説

自己破産によって、仕事や資格の制限を受けるのは一時的なもので、その状態が一生続くわけではありません。

また、それ以外の職業に関しては、自己破産によって仕事がクビになることは基本的にありません。

債務整理はデメリットよりもメリットの方が大きい

お金が借りれなくなったり、失う財産があるなどのデメリットがあったとしても、どうしても借金の返済が終わらない方にとっては債務整理をするメリットの方が大きいでしょう。

借金の返済が終わらない状況というのは、業者から催促・督促の電話や通知があったり、最終的には口座が差し押さえられるため、常にあなたの生活が脅かされている状態です。

終わりの見えない借金の苦しみを抱え続けるよりも、今ある借金を整理した方が次のステップへと進めるはずです。

債務整理のデメリットについては、こちらの記事で詳しく解説します。

債務整理(任意整理)のメリット・デメリット|有効活用法

借金・カードローンの返済を早く終わらせる4つのコツ

借金・カードローンの返済を早く終わらせる4つのコツ

ここで、債務整理をせずとも、何とか自分の力で返済できるという方へ、借金やカードローンの返済を早く終わらせるコツを4つ解説します。

  1. しっかりとした返済プランを立てる
  2. 親からお金を借りる
  3. おまとめローンを利用する
  4. できる限り繰り上げ返済(追加返済)を行う

それぞれのコツについて解説します。

1.しっかりとした返済プランを立てる

返済が終わらない人の特徴は、返済のための新たな借入をしてしまうことですが、しっかりとした返済プランを立てることで、それを防ぐことができます。

しっかりとした返済プランを立てる手順は、以下のように行いましょう。

  1. あなたの借金総額はいくらなのか把握する
  2. (あなたの収入)-(月々の返済額)の金額で生活できるよう調整する
  3. いつまでに完済できるのかシミュレーションする

シンプルに3つの手順を挙げましたが、まずは安定収入を確保することも重要です。

返済が終わらない人の特徴として、3ヶ月以上先の収入が見込めないという人というものもあります。

借金の返済期間中に急な出費がないとは限らないので、新たな借入をしなくても対応できるように、できる限り余力を残しておくと良いでしょう。

返済プランを立てることは、カードローンやキャッシングなどの借金だけではなく、クレジットカードのリボ払いや奨学金の返済でも重要です。

2.親からお金を借りる

2.親からお金を借りる

可能であれば、親からまとまったお金を借りて、貸金業者の返済に充てて、返済を早めるという方法もあります。

貸金業者から借りている期間が長いよりは、親から借りている状態の方が利息や返済プランといった面で融通が利きやすく、負担やストレスが軽減されます。

場合によっては親との関係が悪化するというデメリットもあるかもしれませんが、個人の問題によります。

3.おまとめローンを利用する

おまとめローン(借り換えローン)は、複数ある借金やローンを一本化することで、金利を低くしたり、返済先を一つにまとめることができるため、借金の返済を早めることが可能です。

複数の返済先を1社にまとめる

複数の返済先を1社にまとめる

具体的には、例えばA社から30万円、B社から30万円、C社から40万円と合計で100万円を借りている場合、D社から100万円を借りて、A・B・C社の3社に一括で完済し、D社からの借金100万円だけを残すという方法です。

複数社にあった借金を、1社のみからの高額な借金に代えることで、金利が低くなり、返済総額が減ることが見込めるので、借金の返済を早めることができます。

おまとめローンがある大手消費者金融(プロミス、アコムなど)

アコムやプロミス、アイフル、レイクALSAといった大手消費者金融にはおまとめローンの商品があるので、チェックしてみると良いでしょう。

しかし、この記事を読んでいる方の中には、多重債務者で金融ブラックであるため、大手からの借入ができないという人もいるかもしれません。

金融ブラックの方でも利用できるおまとめローンに関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

ブラックが借りれるおまとめローンは?審査の口コミ・評判

ブラックが絶対通る(借りられる)おまとめローンはある?審査の口コミ・評判

4.できる限り繰り上げ返済(追加返済)を行う

月々の最低返済額よりも多めに返済をする、繰り上げ返済(追加返済)を行うことで完済を早めることができます。

完済を早めることで返済総額を減らすこともできるので、結果として、借金の負担を減らすことができます。

借金の返済期間中に新たな出費があることが、借金を膨らませる原因の一つでもあるので、返済期間はできる限り早く終わらせるのが賢明でしょう。

借金が返済できないまま滞納するとどうなる?

借金が返済できないまま滞納するとどうなる?

督促の電話や郵便が届く

借金の返済ができないまま滞納して放置していると、翌日以降に督促の電話や郵便が届くようになります。

そして最終的には貸金業者が裁判所を通し、財産やあなたの銀行口座を強制的に差し押さえることになり、お金が引き出すことができなくなり、生活に支障がでます。

銀行口座の差し押さえの流れや原因、対処法については、こちらの記事を参考にして下さい。

銀行口座を差し押さえられたらどうする?流れと対処法

銀行口座を差し押さえられたらどうする?流れと対処法

借金を滞納した期間と、その時に起こる督促の内容について見てみましょう。

滞納した期間 督促の内容
翌日以降 遅延損害金が発生
~3日 電話による督促
2週間~1ヶ月 郵便での督促状が届く
1~2ヶ月 信用情報に滞納の履歴が載る、一括返済の請求
2〜3ヶ月 裁判所から通知書が届く
3ヶ月〜 財産・口座の強制的な差し押さえ

何よりもまずいけないのは、借金を滞納したまま放置することです。

督促の内容も時間の経過で変わってくるということは、ちゃんとそれに対応する準備期間が与えられているということなので、まずは自分の置かれた状況を把握し、最善の方法は何なのかを模索しましょう。

すぐにお金を用意できるならカードローン会社に連絡する

返済日には間に合わないけど、少し時間をもらえれば支払いができるというパターンもあると思います。

そんな時は事前にカードローン会社に連絡をして、遅れてでも返済をする意志があることを伝えましょう。

なんの連絡もなしに返済を放置していると、ますます印象が悪くなり、今後の手続きにも悪影響がでます。

自分では返せないし、周りからも借りれないなど、あの手もこの手もダメという場合は、最終的に弁護士・司法書士に相談して債務整理を行うというのが現実的な方法になります。

カードローン返済の時効は現実的にない

カードローン返済の時効は一応5年間となっていますが、時効が成立するまでに確実にカードローン会社のアクションがあるので、現実的に時効になることはありません。

時効が成立するのは債権者(カードローン会社)から5年間、全く催促や請求がない場合ですが、時効の期待はできないでしょう。

借金の返済が終わらない原因

借金の返済が終わらない原因

返済のために新たな借り入れをしてしまう

借金の返済が終わらない原因は、目前に迫っている返済をするために新たな借入をしてしまい、多重債務者になってしまうことです。

借入先を増やして多重債務者になってしまうと、月々の返済の負担が増えてしまい、翌月の返済はもっとキツくなるという負のスパイラルに陥るのです。

返済プランをシミュレーションする

新たな借入を防ぐためには、一時をしのぐための借入をせずに、先々の返済プランについてシミュレーションをしておくことが大事です。

総量規制(※お金を借りれるのは年収の1/3までというルール)によって、あなたの返済能力を大きく超えた借金はできなくなっています。

しかし、返済期間中にも急な出費があることを考えると、返済した分を繰り返して借りてしまうなど、返済が終わらない状況は起こり得るということを心に留めておきましょう。

終わらないクレジットカードのリボ払いの返済にも注意

終わらないクレジットカードのリボ払いの返済にも注意

カードローンやその他のローン、借金の返済が終わらないことに多くの方が悩んでいるいる一方で、クレジットカードのリボ払いの返済が終わらずに悩んでる方も多いことでしょう。

リボ払いの特徴

クレジットカードのリボ払いの特徴は、一般的な金利相場が15%ほどと、カードローンの金利とほとんど変わらない上に、完済までに毎月一定額の返済をしていくというものなので、元金の減りが遅くなってしまいます。

リボ払いは毎月の返済額が一定であるのがメリットと思われがちですが、毎月の返済額が少額であった場合、最初の内の返済額はほとんどが手数料として支払うことになる恐れがあるのです。

そうなると返済期間が長期化し、返済がなかなか終わらないだけでなく、気づいた頃には高額な手数料を払っていることになります。

参照:リボ払いの特徴と利用上の注意|一般社団法人日本クレジット協会

リボ払いの解決法は繰り上げ(全額)返済に変えること

リボ払いの返済が苦しいときの解決法は、お金に余裕があるときに、支払い方法を毎月一定額の支払いから繰り上げ返済または全額返済に変えることです。

リボ払いを繰り上げ返済または全額返済に切り替えるには、カード会社への電話連絡や、ネットで事前に手続きをする必要があります。

リボ払いの問題を解決するには、とにかく元金を減らすことに集中することです。

リボ払いの残高が膨れ上がって返済不能となった場合は、最悪、債務整理にまで追い込まれる可能性もあるので十分に注意しましょう。

SPONSOR LINK

まとめ

借金やカードローンの返済が終わらないといった状況では、まず自分で返済できるのかどうかを見極めましょう。

もし自分で返済できるのであれば、これ以上借金が膨らんで返せなくなる前に、返済プランをしっかり立てることです。

もし自分で返すのが非常に困難であるのなら、まずは弁護士・司法書士に相談をして、あなたにとって最適な解決方法を提案してもらいましょう。

最悪の場合、債務整理の手続きに入るのであれば、借金の減額または免除という措置が取られます。

まずは返済の苦しみやストレスから逃れられるよう、借金問題の解決に向けて、最善の方法を取りましょう。

あなたが、今ある返済の苦しみから逃れて、平穏な生活を取り戻すことを祈っています。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA