ブラック融資OK
自衛隊の給料を表で解説。高卒だと安い?大卒は上がる?給料日や退職金は?

自衛隊の給料を表で解説。高卒だと安い?大卒は上がる?給料日や退職金は?

日本国を守るため、時には命の危険も顧みず任務を全うする自衛隊。

一般的な職業とは一線を画するようなイメージをもつ自衛隊ですが、公務員でもあり、給料はいくらなのか気になりますよね。

自衛隊の給料は階級や勤続年数によっても細かく変わりますが、この記事では、自衛隊の給料について詳しくまとめました。

自衛隊で給料を上げる方法や、給料(俸給)やボーナス以外にもらえる手当、退職金などについても解説しています。

SPONSOR LINK

自衛隊の給料を表で解説!高卒・大卒・階級による違い

自衛隊の給料を表で解説!高卒・大卒・階級による違い

自衛隊の給料は「士」、「曹」、「尉」、「佐官」、「将官」の階級によって分けられ、さらに号俸によって給料は細かく異なります。

ざっくりと表にすると以下のようになります。

階級 月給
士階級 2士 167,700~178,900円
1士 182,500円~198,200円
士長 182,500円~242,800円
曹階級 3曹 197,800円~311,100 円
2曹 220,900円~380,500円
1曹 229,500~410,100円
曹長 229,700円~424,900円
尉階級 准尉 236,200円~436,700円
3尉 244,800円~439,200円
2尉 252,800円~440,900円
1尉 278,500円~445,700円
佐官階級 3佐 318,600円~468,800円
2佐 344,600円~488,500円
1佐 395,600円~496,200円
将官階級 将補 513,100円~592,500円
将官 706,000円~1,175,000円

参照:【自衛隊の給料】自衛官の階級ごとの給料はどれくらい? | 公務員総研

階級は個人の能力や仕事の内容、期待役割などに応じて決められますが、勤続年数や昇任試験に通ることで階級は上がります。

給料は各階級でもさらに細かく号俸(階級によって定められた給与)で分けられ、勤続年数や仕事の評価によって変わります。

自衛隊の給料は、税金が引かれた後の手取り平均は30~40万になると考えられます。

SPONSOR LINK

高卒30歳の自衛官の年収は安い?

高卒で30歳の自衛官の年収は約400~500万ほどと言われており、決して安いとは言えません。

一般的なサラリーマンの平均年収が410万円ほどとなっているので、サラリーマンよりも高い傾向があると考えられます。

ただし自衛官は、独身であることや階級による事情などから、駐屯地内の隊舎に住む人と自宅に住む人がいるので、サラリーマンとは生活スタイルが違うこともしばしばあります。

知人の海上自衛隊員に話を聞いたところ、海外派遣や訓練・演習では一定期間は艦艇で過ごすこともあるので、やはり特殊な生活になるとのことです。

大卒だと給料は上がる?

大卒だと給料は上がる?

自衛隊の幹部を目指して防衛大学を出るとなると話は変わりますが、大卒や高卒という学歴はそれほど年収に関係ありません。

自衛官の最初の給料は、自衛官候補生・一般曹候補生・一般幹部候補生・防衛大学校卒者の入隊コースによって異なり、高卒・大卒に関わらず、どの入隊コースで入ったかによって、将来的な収入が変わってきます。

年功序列によっても給料が上がるので、一概に大卒だと給料が高いとは言い切れません。

ちなみに防衛大学を出ていれば出世も早く、俗にエリートコースと言われますが、防衛大出身であれば将来が約束されるというわけではなく、高卒や大卒よりは階級・給料の面で有利であるのが実情です。

自衛隊の年収が40代で500~700万円

40代ともなれば自衛隊内での階級や号俸に上がり、人によって年収が500~700万の間を推移します。

階級や号俸は評価によって毎年上がる

階級や号俸は評価によって毎年上がる

階級や号俸はその人の評価によって毎年上がる、年功序列型の給料なので、一般企業に比べ、将来的には安定しやすいでしょう。

40代ほどのベテランになると冒頭の表にある曹長のポジションの人もいて、トップの階級である将官などはどんなに早くても40代以降でなければ任命されません。

トップ階級の将官になると年収1千万円超え

将官には将官と将補の2つの階級がありますが、階級が一番上の将官だと月給で100万、年収で1千万円を超える人もいます。

年収で1千万円を超えることはなかなか難しいものですが、カニ漁船の漁師は成果に応じて年収1千万円を超えることも可能です。

カニ漁船の給料・年収や求人について解説

自衛隊の給料は階級の昇任によって上がる

自衛隊の給料は階級の昇任によって上がる

自衛隊の給料は階級の昇任によって上がります。

階級や号俸は在籍年数が経ち、評価を得ることでも上がりますが、曹以上の階級となると昇任試験に合格する必要があります。

自衛隊には主に4つの入隊コースがあります。

  1. 自衛官候補生
  2. 一般曹候補生
  3. 一般幹部候補生
  4. 防衛大学校

自衛隊での階級と給料を上げたいのでれば、一般幹部候補生として入隊するのがおすすめですが、それには大卒の資格が必要です。

自衛官候補生と一般曹候補生としての入隊は高卒でも可能で、ある程度のところまで階級と給料を上げることはできますが、高卒で幹部候補生にはなれません。

従って、入隊コースの選択には学歴も関係あると言えます。

自衛隊で幹部に昇りたいのであれば、一般の大学または防衛大学を出るのが一般的です。

参照:採用コース紹介|自衛隊埼玉地方協力本部

自衛隊の給料日はいつ?

自衛隊の給料日はいつ?

自衛隊の給料日は毎月18日となっていますが、これは防衛省の給料日が18日であるためです。

防衛省と自衛隊は呼び方が違いますが同じ組織であり、防衛省は自衛隊が動くための事務をしているところで、実際に現場に出て動くのが自衛隊です。

参照:「自衛隊」と「防衛省」の違いはなんでしょうか?|防災・防犯ニュース「防仁学」

土日またはお盆や年末で金融機関が休みの場合は、休日の前後に当たる日に振り込まれます。

国家公務員の場合は給料日が土曜日だと、給料の振り込みは前日の金曜になりますが、日曜日だと翌日の月曜になるので、給料日が土日のどちらになるかによって、振り込まれる日が変わります。

給料が引き出せるようになる時間は、概ねどの金融機関でも営業開始となる9:00~となります。

自衛隊の給与明細!ボーナスを含め様々な手当がある

自衛隊の給与明細!ボーナスを含め様々な手当がある

自衛隊の給与明細を見ると、給料(俸給)以外にも、ボーナスを含め様々な手当があるのが分かります。

  1. 災害派遣手当
  2. 航空作業手当
  3. 乗務員手当・航海手当
  4. 通勤手当
  5. 扶養手当
  6. 単身赴任手当
  7. 地域手当

それぞれの手当について、簡単に見てみましょう。

1.災害派遣手当

地震や土砂崩れ、洪水などの災害派遣で出動すると、災害派遣手当が支給されます。

1日あたりの支給が1,620円となりますが、2日以上連続で従事しなければ、災害派遣手当は支給されません。

ただし「人命に著しい危険伴う人命救助」の場合は、例外的に1日でも災害派遣手当が支給されることもあります。

2.航空作業手当

2.航空作業手当

航空自衛官や陸上自衛官を対象とした手当で、航空機に搭乗して行った作業に対する手当です。

航空作業の内容は防衛大臣によって定められています。

3.乗務員手当・航海手当

護衛艦や潜水艦などの艦艇で勤務をするともらえるのが乗務員手当・航海手当です。

主に海上自衛隊に所属の自衛官が対象となります。

マグロ漁船の漁師も、仕事で遠洋へ航海をするという特徴から様々な手当がありますし、現場では命にかかわる問題が起きることもあります。

マグロ漁船の漁師の給料・年収、仕事について詳しく解説

マグロ漁船の給料・収入や求人について「借金返済の人や女性も乗る」は実話?

4.通勤手当

通勤距離が2㎞以上の場合には、交通機関の利用する際に1ヶ月あたり55,000円を限度に、通勤手当が支給されます。

車の場合でも、最低片道5km未満で2,000円~、60km以上で31,600円を限度に支給されます。

5.扶養手当

5.扶養手当

自衛隊では、妻や子供のいる扶養者だと扶養手当が出ます。

・妻およそ6,500円
・15歳までの子供一人あたり1万円
・16~22歳までの子供一人あたり15,000円

6.単身赴任手当

自衛隊では、家族が住む家から単身赴任先までの距離に応じて、単身赴任手当が支給されます。

基礎額は30,000円となっていますが、支給額は距離が増えるにつれて増額します。

7.地域手当

地域手当は東京や大阪など、物価の高い地域に配属された際に支給される手当です。

配属された地域によって、家賃や物価の高さに違いあり、他の自衛官との給料との差を埋めるために支給されます。

自衛隊員の退職金

自衛隊員の退職金

定年するタイミングでもらえる退職金ですが、自衛隊員の定年には「若年定年制」と「任期制」の2つがあります。

若年定年制で定年になる場合は「退職金」、任期性で定年になる場合は「任期満了金」がそれぞれ支払われます。

若年定年制で支払われる退職金

ほとんどの自衛官は若年定年制で採用され、定年は階級によって以下のように異なります。

階級 定年
将官・将補 60歳
1佐 56歳
2,3佐 55歳
1~3尉、准尉、曹長、1曹 54歳
2~3曹 53歳

自衛隊の退職金は、給料(俸給)に勤続年数に応じた支給率をかけて算出します。

勤続年数に応じた支給率は、25年なら34.6倍、26年なら36.1倍という風に増えていきますが、35年以降はずっと49.59倍と決められています。

例えば給料(俸給)が30万円で、26年勤めていたなら

30万円×36.1=10,830,000円

の退職金がもらえます。

この金額に階級ごとの調整額が100~300万円ほどプラスされることになります。

任期制で支払われる任期満了金

任期制で支払われる任期満了金

任期満了金は、自衛官候補生で採用された自衛官が任期満了のときに支給されるお金です。

陸上自衛官は、2年(1任期)、4年(2任期)、6年(3任期)、8年(4任期)という4回のタイミングで任期を迎えます。

海上・航空自衛官は、3年(1任期)、5年(2任期)、7年(3任期)、9年(4任期)という4回のタイミングで任期を迎えます。

具体的な任期満了金は以下のようになります。

1任期 2任期
陸上自衛官 54万円 138万円
海上・航空自衛官 90万円 143万円

任期満了金は任期満了となるごとに支払われるので、例えば陸上自衛官として2任期を迎えると

54万円(1任期)+138万円(2任期)=192万円

の任期満了金が入ることになります。

自衛官候補生になれるのは18歳以上27歳未満の者となっているので、2~9年で任期を迎える自衛官候補生は20~30代で任期=定年を迎えることになります。

自己都合で退職の場合も退職金は支給される

自己都合で退職の場合も退職金は支給される

自己の都合で退職をする場合でも退職金はもらえますが、定年の場合と比べて支給率、金額が減額されます。

自衛官は6ヶ月の勤務をすれば、自己の都合で退職する場合でも退職金が出ます。

任務で死亡した場合は賞じゅつ金が支給される

自衛官が任務中に死亡してしまった場合は、賞じゅつ金というものが支給され、最大3,000万円が支払われることが法律で規定されています。

また賞じゅつ金は、死亡してしまった場合だけでなく、重度の障害が残ってしまった場合も支給の対象となります。

自衛官の任務には命にかかわる危険なものもあり、死亡や重度の障害が残ってしまう場合もあるので、遺された家族の生活を保証する目的で、賞じゅつ金が支払われます。

SPONSOR LINK

まとめ

自衛官の給料の金額は、階級の高さと勤続年数が大きく影響します。

30代で年収500万を超えることもあれば、40~50代になると700~800万円の年収になることもあるので、一般的に年収は高いです。

自衛官のトップ階級である将官クラスになると年収1,000万円を超えることも可能です。

高卒でもある程度まで階級を上げることはできますが、幹部以上になるためには一般的な大学・大学院や防衛大学を出ているほどの学歴が必要になります。

命にかかわる危険な現場に出動することもあるので、給料やボ-ナス以外の手当もあり、勤続年数に応じた退職金も支給されます。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA