ブラック融資OK
自己破産後でもクレジットカードを作れる?方法や選び方

自己破産後でもクレジットカードを作れる?方法や選び方

自己破産をしたからといって、クレジットカードの作成を諦めていませんか?

確かに自己破産をしたことはクレジットカード審査でマイナスに響きます。

しかし、クレジットカードの審査基準はカード会社によって異なり、破産者がクレジットカードを作れる可能性はゼロではありません。

この記事では、

・自己破産をした人でも作れるクレジットカード
・自己破産後にクレジットカードの審査に通るためのコツ

などについて解説しています。

自己破産者のクレジットカード審査に関する口コミや裏技も載せましたので、是非ご覧下さい。

SPONSOR LINK

サクッと読む見出し

自己破産後でも作れる可能性のあるクレジットカードはこれ!

自己破産後にクレジットカードは作れる?

一般的に自己破産者がクレジットカードを作るのは非常に難しいのですが、作れる可能性はゼロではありません。

アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)なら自己破産後でも取得の可能性あり

アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)を選べば、自己破産後でもクレジットカードを可能性があります。

ほとんどのクレジットカードは、自己破産や債務整理の履歴がある金融ブラックの方だと審査落ちになるのが実情の中で、アメックスのクレジットカードなら作れる可能性があることに驚かれたと思います。

しかし自己破産後でもアメックスのクレジットカードが作れる理由には、アメックス独自の審査基準があるのです。

自己破産ではなく、任意整理や長期延滞などの金融ブラックの方は、こちらの記事も記事も参考になります。

ブラックでも作れるクレジットカード?必ず審査に通る方法はある?

ブラックでも作れるクレジットカード?必ず審査に通る方法はある?

アメックスには独自の審査基準がある

アメックスのクレジットカード審査には、過去の信用情報の履歴にとらわれず、現在の返済能力を重視するといった独自の審査基準があります。

つまりは現在の安定収入とローンなどの借入状況が重視されるということです。

自己破産から時間が経っていること

自己破産から時間が経っていること

自己破産による免責後から何年か経っていれば、職に就いている限り安定収入がありますし、ローンの借入がないといった状況は十分に作れます。

とはいっても、自己破産直後でまだ生活が落ち着いていない状況下では、審査落ちの可能性が高いです。

自己破産から何年後といった明確な基準はありませんが、口コミによれば自己破産から5年以内でクレカが作れたという情報が多いです。

自己破産後のアメックスの申し込みは、免責が確定してから何年かの期間を置きましょう。

SPONSOR LINK

自己破産歴がなくても審査落ちの場合がある

自己破産など金融ブラックの履歴がない人でも審査に落ちる時は落ちることを考えると、審査基準が独特であると言わざるを得ません。

信用情報にブラックの履歴がない人でも、現在のローンの利用件数・金額が多ければ、現在ローンを利用していないブラックの人の方が審査に有利ということが伺えます。

アメックスの審査担当者は申込者の現状を見て、一人ひとり柔軟に対応しているのです。

口コミでは「自己破産から5年以内に作れた」という人も

自己破産から時間が経っていること

アメックスの口コミには、自己破産から5年以内にクレカが作れたという人が何人もいます。

その審査結果には、アメックスは「アメリカン・エキスプレス」の名の通り、アメリカの会社であることが関係あると言われています。

つまりは過去の履歴を重要視する他社と違い、現在の返済能力を重視するといった点がアメリカ的であるということです。

アメックスの審査は決して甘いわけではない

ここまで自己破産をした人や金融ブラックの人でも審査に合格できることについて書き連ねてきましたが、決して審査が甘いというわけではありません。

あくまでも申込者一人ひとりの現状を慎重に見て、審査の可否を判断しているということです。

たとえ年収が高くても、他社のローン利用が多いと出ていくお金も多いため、審査落ちの可能性は十分あります。

アメックスの審査は甘いという噂もあるようですが、確かに以前に比べ、カードを取得しやすくなっている事実はあるので、そのことが理由と考えられます。

アメリカン・エキスプレス【公式サイト】はこちら

アメックスの審査で見られる信用情報機関

アメックスの審査で見られる信用情報機関

アメックスの審査では、3つの主要な信用情報機関すべての信用情報が見られます。

自己破産をするとその情報は、CICとJICCで5年、KSC(全国銀行協会)で10年の期間、信用情報として保存されます。

クレジットカードの審査では、必ずこの信用情報の照会が行われるので、必ず自己破産をした事実は分かります。

よって自己破産後にアメックスの審査に通ったという場合も、アメックスは自己破産の事実は掴んでいるのです。

ほとんどのクレジットカード会社では、この信用情報に金融事故の情報があると審査落ちとなるのが基本です。

自己破産以外の金融事故(個人再生、任意整理など)もクレカで審査落ちの原因に

金融事故には自己破産のほか、

  • 任意整理・個人再生・特定調停の債務整理
  • 支払い・返済の長期延滞
  • 多重申込み
  • 代位弁済

も含まれますが、これらのネガティブ情報が信用情報に載ると、審査では不利になります。

金融事故を起こした人(ブラック)=返済能力に不安がある

クレカの審査では、過去に債務整理や延滞を起こしていると「また起こすのでは?」と疑われたり、お金の管理能力に不安があると見なされます。

他社のローンを抱えている場合は、毎月の支払い能力が十分でないと判断されてしまいます。

自己破産は一番重い金融事故の一つとされますが、借金がなくなるため、アメックス独自の審査基準では、免責後5年ほどで作れる場合もあるのです。

信用情報がブラックになるのはいつからいつまで?

金融事故を起こして信用情報がブラックになるのは、事故の内容や信用情報機関によって6ヶ月~10年とされています。

一番軽いもので多重申し込み(申し込みブラック)の6ヶ月、一番重い自己破産の場合は最大で10年間がブラックの期間となります。

信用情報が回復する(事故情報が削除される)までの期間について、詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

信用情報が回復するまでの期間を解説

自己破産者でも家族カードは使える(裏技)

アメックスの審査で見られる信用情報機関

自己破産をしてもクレジットカードを作りたいというのであれば、自分のカードを作る代わりに、家族の誰かが名義となっているクレジットカードの家族カードを使う方法があります。

家族カードとは、カード名義人の家族が家族会員として持てるクレジットカードです。

例えば旦那さんが自己破産をしたとしても、妻が名義人となっているクレジットカードの家族カードを使って買い物をすることはできます。

名義人が破産者の場合は家族カードも不可

ただし、名義人の家族会員としてもっている家族カードは、名義人本人が破産者となると家族カードも使うことができなくなります。

家族カードは名義人本人の信用によって発行されたカードで、引き落としも名義人の口座からまとめて引き落とされるからです。

処分の対象は破産者が名義のものだけ

自己破産によって処分される財産は、原則、破産者本人が名義となっているものに限られます。

破産者以外の家族が、家族カードとは別に、個別に本人名義でもっているクレジットカードまでは自己破産による処分の対象にはなりません。

よって自己破産をしてもクレジットカードで決済をしたいなら、家族のクレジットカードを借りる方法もあります。

自己破産後にできるだけ早くクレジットカードを復活させる7つのポイント

自己破産後にできるだけ早くクレジットカードを復活させる7つのポイント

自己破産をした後にできるだけ早くクレジットカードを復活させるポイントは以下の7つになります。

  1. 複数枚のクレジットカードを同時に申し込まない
  2. キャッシング枠を付けない
  3. ショッピング枠は30万円以下にする
  4. 他社でのローンはゼロにする
  5. 申し込みで虚偽の申告はしない
  6. 審査の甘いクレジットカードを申し込む
  7. 固定電話を引く

一つずつ見ていきましょう。

1.複数枚のクレジットカードを同時に申し込まない

複数枚のクレジットカードを同時に申し込むと、審査のときに悪い印象を与えてしまうので審査に落ちやすくなります。

クレジットカードの申し込みをしたという情報も、信用情報に記載されるので、審査のときに分かってしまうのです。

2.キャッシング枠を付けずに作成する

2.キャッシング枠を付けない

キャッシング枠を付けずに申し込みをした方が審査に通りやすいです。

キャッシング枠を付けると、それだけ審査で求められる返済能力が高くなってしまうので、審査の難易度が上がります。

3.ショッピング枠は30万円以下にして作成する

キャッシング枠を付けない理由と同じく、ショッピング枠もできるだけ低く設定して作成したほうが、審査に通りやすいです。

ショッピング枠を高めにするなど、サービスを拡大すると、利用者から返済されないというリスクが高くなるのです。

4.他社でのローンはゼロにする

4.他社でのローンはゼロにする

審査では返済能力を見られる以上、他社の借金はゼロのほうが審査通過率が高くなります。

自己破産経験者の場合は、他社の借金はゼロであることが多いと思いますが。

5.申し込みで虚偽の申告はしない

審査の合格率を高めようとして、自分のステータスを高く見せるためにウソの申告をすると、信用度がガタ落ちになり、確実に審査落ちとなります。

審査担当者はプロですし、審査では信用情報のチェックもあるので、申告内容にウソがあるとバレる可能性が高いです。

6.審査の甘いクレジットカードを申し込む

6.審査の甘いクレジットカードを申し込む

自己破産の経験がある方にアメックスのクレジットカードをおすすめしたのと同様、審査が甘いとされるクレジットカードを選びましょう。

例えば「ライフカード」は公式サイトで、過去に延滞がある方も審査対象にしていることを公表しているため、他社に比べて審査が通りやすいことが分かります。

☞ 審査に通りやすいライフカード
【公式】はコチラ

7.固定電話を引く

固定電話を持っていたほうが審査では有利になります。

最近は携帯やスマホしか持っていない人が多いですが、固定電話をもっていたほうが審査では信用度が高まるのです。

しかし、クレジットカード審査のためにわざわざ固定電話を引くほどのことはないので、もし持っているなら携帯やスマホの電話番号よりは固定電話の番号で申し込みましょう。

自己破産者には審査なしのデビットカードもおすすめ

自己破産の人には審査なしのデビットカードもおすすめ

キャッシュレスでの決済方法としては、クレジットカードの他にデビットカードもおすすめです。

デビットカードはクレジットカードと違い、利用をしたその場で銀行口座から即時引き落としとなるので審査なしで作ることが可能です。

すぐに利用明細も確認できるので、お金の管理もしやすいでしょう。

デビットカードの特徴やクレジットカードとの違いは、こちらの三井住友銀行の公式サイトでも解説しています。

デビットカードとは(使い方・クレジットカードとの違いなど)|デビットカードなら三井住友VISAカード

デビットカードの審査では、返済能力を審査するための信用情報のチェックがないので、自己破産をした方や債務整理をした金融ブラックの方でも簡単に作ることができます。

海外旅行でもショッピングで使えたり、現地の通貨を引き出すこともできるので、クレジットカードの代わりとして利用できます。

その他、信用情報の照会がないという点では、前払いで入金をするプリペイドカードという方法もありですね。

自己破産後にクレジットカードの更新はできる?

自己破産をするとクレジットカードを作るのが難しくなりますが、既にもってるカードの更新も難しく、使えなくなる可能性があります。

多くのクレジットカードは有効期限が来ると自動的に更新されますが、基本的に自己破産後だと強制解約となり、更新できない可能性が高いです。

カード会社は定期的に信用情報をチェックしている

自己破産と関係のないクレジットカードは自己破産後も持ち続けることができますが、カード会社は定期的に個人の信用情報をチェックしています(途上与信)。

更新の時期も信用情報の照会が行われますが、その時に自己破産をしていたことが分かると解約されてしまいます。

カード会社によっては自己破産後でも更新できる

カード会社によっては、自己破産後も引き続き更新できたという事例がありますが、審査基準はそれぞれの会社によって異なります。

自己破産後もカードの更新ができるとしたら、過去に一度も延滞したことがないなど、一定の条件が必要です。

SPONSOR LINK

まとめ

決済手段のキャッシュレス化が進む昨今、支払い方法が現金しか無いと、この先なにかと不安なこともあるのではないでしょうか。

そういった意味では、自己破産の経験がある方でもクレジットカードを持っておいたほうが安心です。

この記事で、自己破産をしてもクレジットカードを作ることは可能であることがお分かりいただけと思うので、良いきっかけになればと思います。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA