ブラックOK
ブラックの人が借りれる携帯電話|格安スマホを一括払い契約

ブラックの人が借りれる携帯電話|格安スマホを一括払い契約

携帯スマホの料金が未払いとなっている携帯ブラックの人でも、携帯スマホの契約をすることはできます。

ポイントは会社選びと支払い方法です。

この記事では、携帯ブラックの人でも契約できる携帯会社や契約方法について解説しています。

SPONSOR LINK

ブラックOKの格安スマホ会社3社

ブラックOKの格安スマホ会社3社

携帯ブラックの人が携帯スマホの契約をする方法は、格安スマホを一括払いで契約することです。

格安スマホ会社でおすすめは、次の3社です。

  1. 楽天モバイル
  2. UQモバイル
  3. ワイモバイル(Ymobile)

上記3社の携帯スマホは、口座振替やデビットカードで一括購入できます。

格安スマホであれば、低価格なもので(格安SIMカード+端末)で1万円台で買うことができます。

どの業者もMVNO(仮想移動体通信事業者)で、大手の業者よりも格安でスマホの契約ができます。

おすすめ3社の紹介

おすすめ3社のそれぞれの特徴を紹介します。

1.楽天モバイル

楽天モバイルはNTTドコモの回線を使っているので、ドコモの携帯が使えるエリアなら大体どこでも使えます。

楽天モバイルで契約をすると「楽天でんわ」というアプリが利用でき、楽天モバイルでかかる通話料の半額(30秒10円)で、通話ができます。

30秒10円というのは、他社の格安スマホと比べても安い通話料になります。

スーパーホーダイというプランに加入すると、5分以内の電話が無料で何度でもかけられます。

XJAPANのYOSHIKIさんやタレントのローラさんといったビッグネームをCMで起用したことでブランド力も上がっています。

☞ 楽天モバイル【公式サイト】はこちら

2.UQモバイル

3.UQモバイル

UQモバイルはauの回線を使っていますが、他社のMVNO回線よりも通信速度が速く、親会社のauと同じぐらいの安定感です。

通話プランには、

1.5分以内の電話が何度もかけ放題の「おしゃべりプラン」
2.60、120、180分/月が無料通話になる「ぴったりプランS・M・L」

の2つがあり、あなたの使用状況に合わせて、プランを選べます。

☞ UQモバイル【公式サイト】はこちら

3.ワイモバイル(Ymobile)

1.ワイモバイル(Ymobile)

ワイモバイル(Ymobile)はソフトバンクグループの携帯キャリアなので、ソフトバンク同じ回線を使用していて、通信速度が安定しています。

ソフトバンクと同じグループですが、会社としては別物で、料金プランや取扱機種が異なります。

ワイモバイル製の機種だけでなく、SIMフリーの端末とのセットやSIMのみの契約もできます。

高音質通話の「VoLTE」の利用ができます。

SPONSOR LINK

一括払いなら審査なし

格安スマホを一括払いで購入することで、分割払いの審査がなく、信用情報のチェックを受けずに済むので、ブラックの人でも契約ができます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアで、スマホの契約時に端末の分割払いをする場合は、必ずあなたの信用情報が見られるため、ブラックの人は契約ができません。

つまりブラックの人でも契約できるかどうかは、料金の支払い方法にかかっているといえるでしょう。

具体的には、口座振替やデビットカード払いで格安スマホ(格安SIMカード+端末)を一括購入できれば、ブラックの人でも携帯スマホを契約できます。

⇑ おすすめの3社を紹介(上に飛ぶ)

格安SIMカードとは?

格安SIMカードとは?

格安SIMカードは、スマホや携帯の端末に入った小さいICカードのことで、このカードに電話番号やメールアドレスなど、個人を特定するための情報が詰まっています。

携帯スマホはSIMカード+端末でできており、端末を使って通話をしたり、インターネットを使うにはSIMカードが必要になります。

SIMカードには形状などいくつかの種類があり、端末にはSIMフリーとSIMロックの2つのタイプがあります。

SIMフリーの端末はどのタイプのSIMカードも使えますが、SIMロックの端末は決められたタイプのSIMカードしか使えません。

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは?

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)は、ドコモやau、ソフトバンクといった大手のネットワーク環境を借りて、携帯スマホのサービスを提供している業者です。

ネットワーク環境を借りている分、基地局の管理・維持にお金がかかることがななく、店舗も少ないので、大手の業者よりも格安でサービスを提供できるのです。

ブラックでも作れるデビットカード

ブラックでも作れるデビットカード

デビットカードは審査なしで作れるので、ブラックの人でも作ることができます。

デビットカードは、銀行などのキャッシュカードについたデビット機能で、クレジットカードのようにカードを提示することでショッピングができるカードです。

デビットカードはあなたの銀行口座と紐付いており、決済をしたその場で銀行口座から即時引き落としとなるので、クレジットカードのように後払いにはなりません。

銀行口座から即時引き落としなので、口座に必要な残高がないと買い物ができず、料金の滞納ができないような仕組みになっています。

ブラックでも借りれる(審査に通る)スマホ「ビーモバイルレンタル」

信用情報がブラックであったり、何らかの事情で大手キャリアの審査に通らない方へおすすめのスマホとして、「ビーモバイルレンタル」のスマホがあります。

ビーモバイルレンタルの審査は自社審査となっているので、信用情報がブラックだからといって即審査落ちになることがありません。

注意点は、ビーモバイルレンタルで借りるのは格安SIMのみなので、スマホの端末自体は自分で用意しなければいけないことです。※ビーモバイルレンタルで購入可能。

インターネットで申込をして、郵送で利用することもできるので、誰にも会わずに契約できます。

ビーモバイルレンタル【公式サイト】

前払いのプリペイドSIM

前払いのプリペイドSIM

コンビニや家電量販店で売ってるプリペイドSIMなら、端末さえあれば契約手続きなしで携帯スマホを利用できるので、携帯ブラックの方にもおすすめです。

1回使い切りのSIMカードで、決められた容量や利用期限が過ぎれば使えなくなります。

プリペイドSIMは、コンビニや家電量販店で前払いで購入するため、分割払いの審査もありませんし、クレジットカードをもっていなくても手に入ります。

価格はプリペイドSIMだけで1,000~3,000円のものが一般的で、MVNOの店舗や家電量販店では端末とセットで買うこともできます。

プリペイドSIMは、契約が必要な月額プランに比べて割高になるのがデメリットです。

一部のMVNOではプリペイドSIMから月額プランへの移行もできます。

ブラックにも2種類ある

ブラックにも2種類ある

ブラックでも携帯スマホを借りれるかという問題において、ブラックには2種類あります。

ここでは「携帯ブラック」と「金融ブラック」の2つに分けて解説します。

携帯スマホを契約できない「携帯ブラック」

携帯ブラックは現段階で、未払いの携帯スマホやその他の支払いが残っている状態です。

携帯スマホの料金が未払いのままだと、その情報は信用情報機関や電気通信事業者協会(TCA)の間で共有され、契約の際の審査で審査落ちとなります。

未払いのままの料金を支払えば、新たに契約できるようになります。

携帯スマホを契約できる「金融ブラック」

金融ブラックは個人の信用情報に、過去にあった支払いの長期延滞や、債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)の記録が残っている状態です。

信用情報に記録が残っているとはいえ、これらの問題は現段階では解決されていることになり、一般的には携帯スマホの審査が通る可能性があります。

つまり携帯スマホの契約は、現在進行系の問題(未払いの料金があること)がなければ契約できるということです。

「金融ブラック」は、銀行や大手消費者金融ではお金を借りれませんが、携帯スマホの契約はできるのです。

場合によっては「金融ブラック」の場合でも、携帯スマホの審査に通らないことがあることにはご注意下さい。

金融ブラックの状態についてはこちらの記事でも詳しく解説しています

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

大手の携帯キャリアはブラックNG

大手の携帯キャリアはブラックNG

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでスマホの分割払いをする際は、必ず信用情報の照会が行われるので、携帯ブラックの方は審査落ちとなります。

大手キャリアでブラックの人が契約するには、料金の未納分を支払うか、スマホを一括払いで支払うしか方法がありません。

最新のiPhoneなどは端末代が10万円を超えることもあるので、多くの人にとって一括払いは難しく、携帯会社も分割払いを推奨しているのが現状です。

携帯会社の審査ではCICの信用情報を採用しており、1,000円の手数料であなたの信用情報を開示してくれます。

SPONSOR LINK

まとめ

携帯ブラックの人が携帯スマホの契約をする方法は、大手携帯キャリアを除く、格安スマホの会社で、一括払いで携帯スマホを購入することです。

支払い方法は口座振替やデビットカード支払いがあり、分割払いと違い、審査がありません。

また携帯ブラックで、契約ができない人でも現在未納分の料金を支払えば、契約が可能になります。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA