ブラックOK
お金を貸してくれる人?個人間融資の安全性と口コミ・注意点

お金を貸してくれる人?個人間融資の安全性と口コミ・注意点

個人間融資はその名の通り、銀行や貸金業者といった業者を介さずに、個人が個人に対して融資を行うことです。

銀行や貸金業者の業務としてならまだしも、個人による融資なんて怪しいと感じるのが普通です。

そもそも個人間融資なんてものがあるの?という方もいるでしょう。

ここでは、個人間融資の安全性や方法、特徴、注意点などについて詳細に解説します。

個人間融資以外でお金を作る方法についてもお伝えするので、参考にしてみて下さい。

SPONSOR LINK

個人間融資(お金を貸してくれる人)は安全?

個人間融資(お金を貸してくれる人)は安全?

個人間融資は金銭トラブルや違法行為、その他の被害に合う可能性が高く、安全ではありません。

銀行や貸金業者などのように正式な契約を結ぶわけではないので、貸す側も借りる側もリスクが多いため、自己責任のもとでの利用となります。

SPONSOR LINK

本当に信用できる個人間融資はある?口コミで分かる実態

口コミなどによると、うまく契約が成立して、問題なく個人融資が行われることもあるようですが、「騙された」「貸してもらえなかった」という口コミの方が圧倒的に多いです。

しかも、悪質な相手だと個人情報だけが抜き取られたり、法外な手数料を取られるなどの被害も報告されています。

最悪の場合、個人間融資を装った闇金とつながってしまったり、振り込め詐欺へ加担してしまう場合もあるようです。

そのようなリスクがあることを考えると、決して安全とは言えません。

SNSで広まる「個人間融資」振り込め詐欺加担への端緒に【NEWSポストセブン】

個人間融資の特徴

個人間融資とは、業者を介さない個人の間のお金の貸し借りのことを言います。

個人同士のやりとり

社会的に信用できる金融機関とのやり取りではなく、個人同士のやり取りであるため、金銭トラブルになるリスクがあります。

顔も見えない相手とネット上でやりとりをするため、ルールも曖昧で、簡単にやり取りをなかったことにされてしまいます。

個人間融資を利用する人

個人間融資は審査がなく、総量規制も関係ないので、どこからもお金を借りれない人が利用する仕組みです。

つまり債務整理や長期延滞などの理由で、信用情報がブラックになっている人や無職の人などを対象としています。

どこからもお金を借りれない人に、お金を貸そうとする人がほぼ間違いなくいい人とは考えられないため、安全な取引とは言い難いでしょう。

以下の記事では、どこからもお金を借りることができない人の対処法を解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

どこからもお金を借りられない人の対処法を解説

個人間融資の方法と流れ

個人間融資の方法と流れ

ネットの掲示板やSNS(ツイッター)などで告知

個人間融資は、融資をしたい人または融資を受けたい人がインターネット上の掲示板やSNSで告知をします。

その告知を見て、「融資をしたい」と思った人が連絡をとり、貸付の条件などを話し合います。

お金を貸したい人と借りたい人がネット上の書き込みによって、マッチする仕組みです。

掲示板「個人間融資ドットコム」の例

個人間融資で有名な掲示板に「個人間融資ドットコム」があります。

個人間融資掲示板は個人間融資ドットコム|個人間融資掲示板

例えば、個人間融資ドットコムの掲示板投稿フォームでは以下のような項目を入力して投稿します。

  • お名前(ハンドルネームOK)
  • メールアドレス
  • 都道府県
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 希望金額
  • お金を借りたい理由

お互いが契約の内容に納得したら、メールや郵便での契約をして、融資が行われます。

また掲示板や取引相手によっては、本人確認書類の提出も必要です。

個人同士による契約なので、金融機関のルールなどに縛られることなく、貸付条件などに融通を利かせやすいという特徴があります。

現在はネット上に、以下のような個人間融資の掲示板や情報サイトが存在します。

コンタクト、したらば掲示場、レンダーズ、アルファ、ハートステーション、レンタルキャッシュ

その他、2ch掲示場やツイッターなどのSNS、個人ブログ・日記でも借りたい人を募っていることがあります。

どのサイトも契約の際に申告する内容は同じようなものですが、完全に信用できる個人間融資なんてないと肝に銘じておきましょう。

即日融資はできる?

即日融資はできる?

個人同士のやり取り次第では、即日融資も可能です。

審査がないとはいっても、返済能力の細かいチェックなどがないということであり、お互いに条件の合意は必要になります。

また、個人的な事情で連絡がすぐに取れないということもあるため、即日では借りられないことも、もちろんあります。

口コミ評判では、借入の応募をしてから3日後に返事があったということもありました。

注意すべき点は、個人間融資には「無審査!即日OK!」などを謳う闇金業者が紛れ込んでいることです。

個人間融資の金利(利息)

個人間融資の金利は?

個人間の融資(借金)では、金利が年109.5%まで取れるようになっています。

借金の上限金利を定めた法律は次の2つがあります。

  1. 利息制限法(上限金利20.0%)
  2. 出資法(個人間融資では上限金利109.5%)

個人間融資では、利息制限法と出資法のどちらも適用が可能です。

出資法の上限金利(利息上限)

出資法でも、貸金業者から借りる場合は上限金利が、利息制限法と同じ20.0%です。

しかし、個人のお金の貸し借りとなると上限金利が109.5%まで上げられます。

つまり個人間融資では、出資法の上限金利109.5%が適用されることもあり得るということです。

参照:出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律【e-Gov法令検索】

年109.5%という法外な金利でお金を貸したとしても、個人間融資では罰則がないのです。

法人である業者が業務として貸付を行うならルールが必要ですが、個人間となるとやはり自己責任が問われるのでしょう。

100万円を年109.5%の金利で借りる場合の利息

100万円を年109.5%の金利で借りる場合の利息

100万円を年109.5%の金利で借りる場合の利息は109万5千円になります。

100万円 × 1.095(109.5%) =109万5千円

利息だけで109万5千円になるので、返済総額は209万5千円になります。

100万円を利息制限法の上限金利15%で借りた場合の利息は15万円で、返済総額は115万円です。

209万5千円と115万円という差を見ると、上限金利109.5%が以下に高い金利なのかが分かるでしょう。

個人間融資で注意すべき点

個人間融資で注意すべき点

トラブルがあっても利用は自己責任

個人間融資の利用は自己責任です。

何らかのトラブルにあったとしても、基本的には当事者である自分たちで解決しなければいけません。

民事不介入の原則のもとで行われたことなので警察を頼ることは出来ないし、掲示板やSNS側にも保証を求めることはできません。

よほど悪質な貸し手の場合は警察が動く可能性があるかもしれませんが、自分たちで解決するのが基本です。

個人情報だけ盗まれる被害あり

契約の際の本人確認書類の提出や、個人情報のやりとりの流れで、個人情報だけ盗まれるという被害もあります。

結果、お金を借りることはできずに、後日、別の業者からの勧誘の電話があるなどといったことも考えられます。

また銀行振込で融資を受けるときは、口座番号だけでなく、暗証番号を聞かれることもあるようですが、暗証番号を伝える必要はありません。

口コミによると、やりとりをした結果、相手が闇金だったと分かることもあるようです。

闇金の手口や恐ろしさを解説

相手のプロフィールを事前に検索しておく

相手のプロフィールを事前に検索しておく

契約をする前に、相手のプロフィールをWebで検索しておきましょう。

相手が悪質な貸し手である場合、以前に何度も掲示板を利用していたりすると、被害情報などが出ていることがあります。

中にはこの業界で常に名前が挙がるような、有名な貸し手の人もいたりするのです。

基本的には、本当に信用できる個人間融資なんてないものとして考えましょう。

ブラックの人はまず中小消費者金融へ

ブラックの人はまず中小消費者金融へ

個人間融資は、信用情報がブラックなので審査なしで借りたいといった、ワケありの人が利用するものです。

そんな方はまず中小消費者金融を頼りましょう。

ここまで記事を見てきて、個人間融資が以下に危険で不確かなものかお分かりいただけたと思います。

中小消費者金融なら、審査に不安のあるブラックの人でも、現在安定収入があるのであれば、慎重な審査のもと、お金を借りられる可能性があります。

即日融資ブラックOKで審査が甘い消費者金融

中小消費者金融から借りられる可能性があるなら、わざわざ個人間融資を利用する必要もないでしょう。

SPONSOR LINK

まとめ

個人間融資でお金を借りることは不可能ではありませんが、貸し手の中には悪質な人や闇金が潜んでいることが考えられ、非常に危険です。

中小消費者金融でも借入が可能なブラックの人がわざわざ利用する価値はありません。

どうしても選択肢が個人間融資しかないというのであれば、注意点を守って、自己責任で利用しましょう。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA