ブラック融資OK
無職でもクレジットカードは作れる!審査や作り方を解説

無職でもクレジットカードは作れる!審査や作り方を解説

クレジットカードを作るには支払い能力などの審査がありますが、無職だと審査に通ることは難しいです。

しかし、一定の条件を満たしている場合や作り方によっては、無職の人でもクレジットカードを作ることは可能です。

この記事では、無職でもクレジットカードを作る方法や、審査に通るコツ、審査の甘いクレジットカードなどを紹介しています。

SPONSOR LINK

無職でもクレジットカードは作れる!作り方を解説

無職でもクレジットカードは作れる!作り方を解説

クレジットカードは基本的に収入がある人を対象としたサービスですが、無職の人でもクレジットカードを作ることは可能です。

もちろん、クレジットカード会社やカードの種類によって、細かな審査基準は異なるため、選ぶカードによって審査結果は変わりますが、なかには即日で作れるカードもあります。

まずは、無職の人がクレジットカードを作れる場合や、作り方について、具体的に見ていきましょう。

SPONSOR LINK

学生・主婦・ニートなど被扶養者はクレジットカードを作れる

無職で収入がない人でも、学生や専業主婦、ニートといった被扶養者はクレジットカードを作ることができます。

クレジットカードの審査では、収入や信用情報などがチェックされますが、無職である本人に収入がなくても、親や兄弟、配偶者といった扶養者がいる場合は、扶養者の収入を頼りに、クレジットカードを作ることができます。

審査では扶養者の収入や勤務先、信用情報が審査の対象となります。

名義人の家族カードとして作成する

名義人の家族カードとして作成する

クレジットカードには、名義人の家族会員の方が持てる家族カードがあります。

家族カードで決済をした際の支払いは、名義人の口座からの支払いとなります。

よって家族会員である本人が無職でも、名義人に収入と信用があれば、クレジットカードを作成できます。

アルバイトで安定収入を作る

無職の方は、アルバイトをして安定収入をもつことで、クレジットカードを作れるようになります。

ほとんどのクレジットカードでは、申し込みができる人の条件に「安定した収入がある方」という項目があります。

この安定収入というのは、会社からの給料に限らず、派遣社員やアルバイトの収入も含まれます。

審査が甘いとされるクレジットカードに申し込みをすれば、それほど高い年収を求められることもなく、アルバイトでも十分審査に通ることができます。

⇓ 審査が甘いクレジットカードはこちら(下に飛ぶ)

クレジットカードの審査では、勤務先への電話による在籍確認が行われる場合とそうでない場合があるので、申し込みの際に確認しましょう。

年金受給者はクレジットカードを作れる

年金受給者はクレジットカードを作れる

年金受給者は安定収入があるとみなされ、クレジットカードの審査に通ることができます。

もちろん現在も働いていて、お給料がある人よりも不利な審査になるので、過去のクレジットヒストリー(信用情報)も重要になります。

ちなみに無職であること以外にも、クレジットカードの作成が難しい理由として、金融ブラックであるという理由がありますが、ブラックである人にでもクレジットカードを作る方法は残されています。

ブラックの人がクレジットカードを作る方法を解説

ブラックでも作れるクレジットカード?審査に通るには?

これらのことから分かるのは、クレジットカードは各社によって審査基準は違えど、審査に通るのが難しい人に向けた、審査が甘めのクレジットカードは確実に存在するということです。

無職の人がクレカ審査に通るためのコツ4つ

無職の人がクレカ審査に通るためのコツ4つ

無職の人がクレジットカード審査に通るためのコツは、次の4つです。

  1. 審査の甘いクレジットカードを選ぶ
  2. キャッシング枠をつけない
  3. 固定電話の番号を記入する
  4. 個人情報は正直に申告する

一つずつ解説します。

1.審査の甘いクレジットカードを選ぶ

無職の人は、クレジットカード審査で公務員や会社員といった正規雇用の方よりも不利になってしまうので、始めから審査の甘いクレジットカードを選んだほうが審査通過の可能性が高くなります。

特に楽天カードは審査が甘いという口コミ評判で有名ですし、イオンカードは収入のない専業主婦の方でも審査に通りやすくなっています。

それぞれのクレジットカードによって審査基準や特徴が違うので、口コミなどの情報を集めて申し込みをしましょう。

審査の甘いクレジットカードに関する記事はこちら

2.キャッシング枠をつけない

2.キャッシング枠をつけない

クレジットカードは買い物に使えるショッピング枠と、お金の借入に使えるキャッシング枠がりあります。

キャッシング枠は、クレジットカードを持っていれば、いつでも簡単にATMからお金を借りられるという便利な機能です。

しかし、クレジットカードの機能はショッピング枠がメインとなっていて、支払い能力はどうかといった観点から見ると、キャッシング枠をつけることで審査基準が上がってしまいます。

少しでも審査基準を下げて、審査に通りやすくしたいのであれば、キャッシング枠を付けないことをおすすめします。

3.固定電話の番号を記入する

クレジットカードを申し込みの際は、あなたの連絡先を書類に記入しますが、もし固定電話をお持ちであれば、固定電話と携帯電話の両方を記入しましょう。

昨今は固定電話を持たず、連絡先は携帯電話のみという方が多いですが、連絡先に固定電話を記入した方が、より身元の確認が取りやすいということで審査には有利になりますし、収入の面でも問題がないと判断されやすくなります。

4.個人情報は正直に申告する

4.個人情報は正直に申告する

無職だとクレジットカード審査に通るのが難しいからといって、職業や年収など、審査に有利になるようなウソを伝えてはいけません。

クレジットカード審査では、勤務先に在籍確認を取るケースがありますし、信用情報などを見て、申告内容が事実であるかどうかもチェックされます。

もし、申告内容にウソがあることが発覚すると、カード会社から罰則が与えられる場合がありますし、審査に通ったとしても、後で強制退会させられてしまいます。

審査の甘いおすすめのクレジットカード3選(即日発行可!)

審査の甘いおすすめのクレジットカード3選(即日発行可!)

無職の人でもクレジットカードを作るには、審査の甘いクレジットカードを選ぶことがコツですが、ここでは、審査に通りやすいおすすめのクレジットカードを3つ、紹介します。

1.楽天カード

楽天カードは会員数1,200万人を超えるクレジットカードで、その発行枚数を見ても、多くの方が審査に通りやすいカードであることが分かります。

申し込み資格は「18歳以上の方」とだけなっており、収入に関する記載はなく、無職の方でも申し込みが可能となっています。

楽天グループのサービスと合わせて利用すると、通常1%のポイント還元率が3~5倍となり、まさしくポイントざくざく状態することもできます。

審査の甘いクレジットカードに関する口コミ評判を探してみても、常に名前が挙がるカードです。

楽天カードは即時発行ができますが、受け取り方法は郵送となるため、即日で受け取ることはできません。

楽天カード【公式サイト】はこちら

2.イオンカード

2.イオンカード

イオンカードは、クレジットカードの中でも特に審査が甘いとされる流通系のカードです。

大手スーパーのイオンが発行してるクレジットカードですが、顧客にクレジットカードを持ってもらうことで、自社の利益にも大きく関わるので、返済能力がそれほど高くない人にも、積極的に審査に通しています。

特に専業主婦や学生向けのクレジットカードとなっていて、本人に収入がない無職の人でも、比較的簡単に審査に通ることができます。

年会費が無料で、イオングループのお店で買い物をすることで特典が付くこともあり、一番ポイントを貯めやすいクレジットカードの1つです。

イオンカードを即日で受け取る方法は、ネットで申し込みをして、審査結果のあとに店頭で直接受け取るという流れになります。

学生・専業主婦にもおすすめのイオンカード【公式サイト】

3.AmazonMasterCardクラシック

AmazonMasterCardクラシックは、ネット上で「無職でも作れた」という口コミのあるクレジットカードですが、一般的には審査の甘いカードというわけではありません。

ただ、カード利用の支払いを工面してくれる扶養者がいる場合は、本人に収入がなくても審査に通ることができたという事例もあり、無職でも作れるカードとされています。

また、場合によっては、無職であろうと支払いをするのに十分な預貯金があれば審査に通れるケースもありますが、審査落ちになることもあり、基準ははっきりしていません。

AmazonMastercardクラシック【公式サイト】

無職の人にはデビットカードもおすすめ

無職の人にはデビットカードもおすすめ

無職だからクレジットカードの審査に通れないという方は、代わりにデビットカードをもつことをおすすめします。

デビットカードもクレジットカードと同じく、キャッシュレス決済が可能ですが、デビットカードは決済時に口座から即時引き落としとなるため、返済能力の審査がありません。

デビットカードは、決済時に口座に十分な残高がなければ買い物ができないシステムなので、カード会社にとっても貸し倒れのリスクがないため、無職でももつことが可能です。

クレジットカードのように後払いのシステムではないので、お金の管理がしやすく、使いすぎを防げる点でもデビットカードはおすすめです。

SPONSOR LINK

まとめ

無職でもクレジットカードを作る方法は主に

・扶養者がいれば作れる
・名義人の家族カードとして作成する
・アルバイトなどで安定収入を作る
・年金受給者なら無職でも作れる

の4つです。

クレジットカード審査は会社によって基準も異なりますので、豊富な預貯金があるなどの理由で、カード会社が許可をすれば、無職でもクレジットカードを持てる場合があります。

無職だと一般的にクレジットカードを作るのが難しいですが、コツややり方次第では、無職でもクレジットカードの審査に通ることが可能になります。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA