ブラックOK
プロミスはブラックでもお金を借りれる?→融資は無理

プロミスはブラックでもお金を借りれる?→融資は無理

プロミスは信用情報がブラックだと審査に通ることができません。

しかし、インターネットでは「ブラックOKだ」とか「借入はムリに違いない!」と相反する噂が氾濫中。

今回は気になる「プロミスはブラックOK」という噂に終止符を打つ為、ブラックな人のプロミス審査について、徹底的にメスを入れてみたいと思います。

SPONSOR LINK

プロミスはブラックだと審査に通らない

プロミスはブラックNG!

ブラック経験者はプロミスで借りれない

まず結論から言ってしまうと、プロミスは「ブラックの借り入れは不可能」です。

ブラックとはお金の貸し借りもしくはクレカの使用で、一度でも返済の延滞や滞納などを経験し、信用情報機関に事故情報が記載された方のことを指します。

プロミスはJICC、CICという2つの信用情報機関に情報を照会し、個々人のステータスを加味した上で融資の可否を決定します。

JICC、CICの情報共有システム(CRINと言います)で、過去に金融事故を起こしていると判明した場合、金融ブラックと認定され、プロミスを含め大手と呼ばれる消費者金融(アコム、アイフル、SMBCモビット)は門前払いで、審査落ちとなります。

SPONSOR LINK

なぜプロミスがブラックへの融資NGなのか?

プロミスがブラックの方への融資が不可能である理由は「信用が欠如」しているからの一言に尽きます。

当たり前ですが貸金業者の融資で一番大切な要素こそ信用力なのです。

あなたの信用力を判断する材料には

  • 安定した収入
  • 勤務先の勤続歴
  • 他社からの借り入れ状況(信用情報)

などがあり、これらを総合的に見て、融資の可否が決まります。

アルバイトでも派遣社員でも継続した勤続歴と最低限の収入が約束出来れば、決して審査の壁は高くありませんが、過去の支払いの滞納・延滞といった金融事故の情報には大変敏感です。

現在進行形で延滞中などのケースは、問答無用でお金を借りることが出来ない!ということは覚えておきましょう。

プロミスの審査基準を解説

プロミスがブラックでも通った!?

プロミスがブラックでも通った!?

プロミスはブラックNGです!しかし、

「ブラックにも優しい!」
「またはブラックなのに審査に通過した!」

と言われる要因はどこにあるのでしょうか?

プロミス審査がブラックでも通るという噂の理由

あなたは本当にブラックか?

あなたは本当にブラックか?

掲示板に口コミ、色んな情報を広い集めてみると面白いことに「ブラックでも借りれた!」という噂があちらこちらから出てきます。

実際問題、信用情報機関に事故情報が記載されているブラックの場合、審査通過が不可能なのは言うまでもありません。

しかしそれでも根拠のない噂が広がる要因として考えられるのが、

  • 自分がブラックリストに入っていると思い込んでいた
  • 過去の事故情報が既に信用情報機関から消えている
  • 他の貸金業者から融資を断られ、たまたまプロミスのみ審査に通過

このような事例が「ブラックでも審査通過!」という幻想を生んだ原因と言えるでしょう。

ブラックの状態にも軽度のものと重度のものがありますが、プロミスの場合、軽度であろうと、ブラックである以上は審査に通ることはできません。

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

自分の信用情報を知るには?

自分の信用情報を知るには?

意外と自分自身の信用情報は把握しきれないもの。

だからこそカードローン申請の前には、自身の事故情報の詳細を知ることが大切になってくるのです。

JICCは窓口で、CICは窓口・ネットで信用情報の開示が可能(手数料500円~1000円)です。

※プロミスの場合、全国銀行個人信用情報センターでの照会は必要ありませんが、気になる方は郵送で開示が可能

債務整理経験者と長期延滞(滞納)の人は審査落ち

債務整理経験者と長期延滞の人は、プロミスでは審査落ちとなります。

債務整理経験者の場合

「債務整理経験者の場合、プロミスでの借入れが出来るのでしょうか?」という疑問についてのアンサーは、もちろんNOです。

債務整理経験者が意味するところは、自身の経済力のなさ、そして返済能力の欠如を意味します。

債務整理をしたという情報は、日本にある3つの信用情報機関である

全てに登録され、CIC、JICCは5年、全国銀行個人信用情報センターは10年間情報が共有されます。

つまりこれらの期間はカードローン、クレジットカードの審査に突破することが難しくなります。

ただしプロミスなどの消費者金融はCIC、JICC2者のみの照会になる為、債務整理後5年以上経った場合の審査通過は可能です。

また、クレジットカードの審査では、過去に延滞歴のあるブラックの人でも通ることが可能なカード会社があるので、詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

ブラックでも作れるクレジットカードを解説

長期延滞の場合

長期延滞の場合

現在進行形で滞納・遅延がある場合、銀行カードローンはもちろんのこと、消費者金融の審査通過も不可能です。

これはプロミスだけでなく、中小規模の消費者金融にも共通して言えます。

他社からの借り入れが複数ある場合

他社からの借り入れが複数ある場合はブラックではありませんが、ケースバイケースで借入れが可能になってきます。

多重債務は要注意

プロミスのような大手消費者金融は比較的、複数の借入れにも理解を示していますが、多重債務が4社以上の場合は融資の可能性がグンと下がります。

借入れ先が2~3社の場合は借入れ可能と思われますが、現在の年収や他社からの借入れ額を総合的に判断し融資額が決定します。

少額融資の傾向がある

複数の借入れがある多重債務者の場合、基本的に少額融資の傾向があるので、まずは数万~5万程度の融資と考えましょう。

そして留意点として消費者金融の場合は総量規制により、年収の1/3以上の借入れは不可能な点は忘れてはなりません。

プロミス【公式サイト】

ブラックの状態になる期間

ブラックの状態になる期間

信用情報機関に事故情報が記載され、ブラックになった場合、長期間の間カードローン審査通過またはクレカの新規作成が難しくなります。

ただし金融ブラックと呼ばれる延滞・滞納の情報は5年間、多重申し込みの場合は6ヶ月で記載情報が消滅するので、それ以降の申し込みで融資の可能性も広がってきます。

銀行や大手消費者金融ではなく、ブラックの人も審査対象となっている中小消費者金融であれば、借りれる可能性がありますが、ブラックの人への融資も可能な消費者金融に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

ブラックへの融資が可能な消費者金融を解説

ブラックへの融資がOKな消費者金融【ブラックの程度を解説】

また気になる過払い金請求に関しては、請求した金融業者では社内ブラックとして扱われ、借入れは出来なくなりますが、信用情報機関に記録が残ることはありません。

豆知識として事故情報が信用情報機関から消えることを喪開けと呼びます。

現在ブラック進行形の方は、無駄な可能性を手繰り寄せるのではなく、お金の価値観を学び直す事から始めましょう。

一生懸命働き、そして喪開けを目指し、5~10年間忍耐強く待つことこそが、カードローン審査突破の近道なのですから。

過払い金返還請求の方法・流れを解説

ブラックの人は中小消費者金融へ

ブラックの人は中小の消費者金融へ

プロミスがブラックの希望の星にならぬなら、どこに頼ればいいのか?

そうそれこそが、地方発の中小規模消費者金融に他ならないのです。

プロミスが無理なら中小規模の消費者金融を狙おう

大手消費者金融も銀行もNGなら、そんな時こそ地方発の中小規模の消費者金融の門を叩きましょう。

中小消費者金融は知名度が低いが故、カードローンの第一選択にこそ浮かびませんが、全国津々浦々、様々な消費者金融が点在しています。

これらの中小規模の消費者金融は、大型融資には向いていませんが、大手消費者金融の審査で漏れたブラック経験者を過去のマイナス要素だけで審査しないため、ブラック経験者でも借入れの可能性があるのです。

中小規模だからこその、きめ細やかな配慮や下駄を履かせた審査ステップは見逃せません。

過去の事故情報だけなら借入れの可能性大

過去の事故情報だけなら借入れの可能性大

ブラックカでも借りれる条件は完済していること

中小の消費者金融ならブラックでも融資の可能性があると説明しましたが、ここで1つ大切な条件があります。

それは過去に金融事故を起こして、信用情報機関に事故情報が残っていても、現在完済もしくは入金済であることです。

滞納中はダメ!

いくら中小規模の消費者金融が大手と異なる独自の審査目線を持っていようとも、現在滞納真っ只中もしくは夜逃げ状態の方には融資してくれません。

いくらか入金が遅れてしまった、数ヶ月滞納したけど全て完済済みという方は、諦めずに中小規模の消費者金融の審査を受けてみましょう。

ただし多重申し込みにならぬよう、自分にあった審査そして融資が受けられるであろう会社を絞ることが大切になってきます。

オススメ中小消費者金融はココだ

規模が小さいからこそ細かな配慮があるのが、中小規模の消費者金融のいいところ。

社会保険証必須、収入証明の提出が義務付けられるところもありますが、逆に考えると、だからこそ借入れの可能性が広がると言えます。

ここではオススメの中小規模の消費者金融を厳選して3社程ご紹介致します。

  1. フタバ
  2. フクホー
  3. ライフティ

1社ずつ、紹介します。

1.フタバ

創業50年を超える言わば老舗の消費者金融として知られるフタバ。

融資額10~50万円までとかなり限られた範囲内でしか借入れできないのはデメリットと言えますが、自己破産経験者や過去に延滞していた方にも積極的に融資をしている点は見逃せません。

ただし現在滞納中、年収の1/3以上の借入れになる場合、そして4社以上からの借入れがある場合は融資対象にはならないので注意しましょう。

また女性の方はレディースフタバの利用が可能です。

気になる金利は14.959%~17.950%となっており、大手消費者金融と比べても決して高すぎない利率になっています。

フタバの審査について詳しくはこちらへ
ブラックOK!フタバの審査を口コミ・評判から徹底解剖

2.フクホー

2.フクホー

フタバと同様ブラックの方からの支持を集めているのがフクホーです。

こちらも創業45年を超えた老舗として、大手落ちの顧客のピンチを救ってきた救世主として知られています。

自己破産者には若干審査が通りにくいこともあるようですが、完済している過去の遅延・滞納の場合、借入れの可能性は十分残されています。

5万~200万円までと中小規模の消費者金融の中では幅が広い貸付けを行っており、金利幅は7.3~20%で推移。

小口融資の場合でも本人確認書類の他に収入証明、そして住民票原本が必要になってきますが、ネットもしくは電話で24時間申し込みができる点は魅力的です。

フクホーの審査について詳しくはこちらへ
フクホーはブラックでも審査に通る?

フクホーの審査はブラックでも通る?審査基準と難易度

3.ライフティ

1991年創業と上記二社に比べると歴史的にもまだまだ浅い消費者金融のライフティ。

1000円から500万円まで借入れが可能で、ブラック属性でも現在の返済状況が滞っていなければ融資の可能性は大と言えます。

ライフティは信販事業も並行して行っていますが、特に貸金業に力を入れている為、他の中小消費者金融で審査落ちした方にもオススメです。

ライフティ審査の難易度と特徴。ブラックでもOK?

金利は8~20%と高めで、審査がかなり遅い点はネガティブポイントですが、小口の小口で融資が決まる方も多いので、まずは諦めず申し込んでみることから始めましょう。

また新規申し込みの場合35日間金利無料キャンペンも実施している点も見逃せません。

SPONSOR LINK

まとめ

やっぱりというか想像していた通りの結果で、逆にスッキリしたという方も多いのではないでしょうか。

ブラックの種類、時期にもより審査通過の可能性は異なりますが、今現在延滞・滞納をしていない方はまず中小の消費者金融を迷わずオススメいたします。

どうしても融資が必要な方は小規模消費者金融で、敢えて保証金が必要なところで申し込むのもナイスアイデアかもしれませんね。

しかしどこの消費者金融にも相手にされなかったケースでも、ブラックOKと謳うヤミ金もしくはソフトヤミ金にだけは手を出さぬよう、最低限の自制心は忘れずにいてくださいね!

SPONSOR LINK