ブラック融資OK
楽天モバイルはブラックリストでも契約できる?格安スマホの口コミ評判やメリット・デメリットを徹底解説

楽天モバイルはブラックリストでも契約できる?格安スマホの口コミ評判やメリット・デメリットを徹底解説

格安スマホはどこも、キャリアに比べ非常に安い料金で使えるということで利用者も増えていますが、なかでも楽天モバイルは安い料金プラン、高い顧客満足度を誇るおすすめの会社です。

そんな楽天モバイルですが、携帯料金の滞納などでブラックリスト入りした人でも契約できるのかどうか、調べました。

その他、料金が安いと不便な点もあるのではと心配の方や、楽天モバイルについて詳しく知りたい方へ、携帯料金や特徴、メリット・デメリット、口コミ評判を解説します。

☞ 楽天モバイル【公式サイト】はこちら

楽天モバイルはブラックリスト入り(携帯ブラック)でもOK?

格安スマホの楽天モバイルですが、ブラックリスト(携帯ブラック)の人は、審査に通る場合と落ちる場合があります。

その基準は明確になっておらず、その人の携帯料金の支払い状況やブラックの程度などを見て、個別に判断されるので、やってみなければ分かりません。

ブラックリスト入りの人が審査に通る3つポイント

ブラックリスト入りの人が楽天モバイルの審査に通るポイントは次の3つです。

  1. 端末を一括購入する
  2. クレジットカード払いをする
  3. 1回線のみの契約をする

3つのポイントについて、それぞれ解説します。

1.端末を一括購入する

携帯の端末を一括購入することで審査に通りやすくなります。

端末を分割払いで購入する場合は、過去の携帯料金の支払い・滞納状況がチェックされるため、携帯ブラックだと審査落ちとなってしまいます。

格安スマホの楽天モバイルなら、1~2万円で手に入る端末もあるので、一括購入もそれほど難しくはありません。

2.クレジットカード払いをする

クレジットカードをお持ちなら、携帯料金の支払い方法をクレジットカードにすることで、審査に通りやすくなります。

クレジットカード払いなら、携帯料金が払えない場合のリスクはカード会社がもつことになり、楽天モバイルに料金未払いのリスクはないからです。

3.1回線のみの契約をする

楽天モバイルは一人5回線まで契約できますが、1回線のみの契約であれば、それほど高い支払い能力は求められないので、携帯ブラックの人も審査通過の可能性が高まります。

契約する回線数が多ければ多いほど、料金未払いのリスクが高くなるため、携帯ブラックの人は1回線のみの契約としましょう。

☞ 楽天モバイル【公式サイト】はこちら

審査では過去の支払い・滞納状況が見られる

楽天モバイルで契約する際の審査では、信用情報をもとに、過去の携帯料金の支払い・滞納状況が見られます。

その際に過去に何度も滞納をしているなど、ブラックの程度が重いと判断されれば審査落ちになります。

しかし、軽い程度のブラックで、今後の支払いには問題なさそうと判断されれば、審査に通ることができます。

当然、現在進行形の未払い料金があれば、審査落ちとなります。

楽天モバイルの高い顧客満足度と安い料金プランを解説

楽天モバイルの高い顧客満足度と安い料金プランを解説

楽天モバイルの高い顧客満足度を裏付ける特徴や、格安の料金プランについて、見てみましょう。

料金プランは「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つ

楽天モバイルの料金プランは大きく分けて、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つです。

ベーシックプランは最安1,250円

ベーシックプランは最安1,250円

最安のプランはベーシックプラン(通話あり)の1,250円という驚きの料金ですが、このプランは安い代わりにインターネットの高速通信ができないので、インターネット利用の多い方には向きません。

ベーシックプランなら最安で1,250円+通話した分(20円/30秒)が料金となります。

組み合わせプラン内で高速通信を付けると、1,600~6,150円となりますが、格安料金で使えることに代わりはありません。

スーパーホーダイと組み合わせプランの違い

スーパーホーダイと組み合わせプランの違いですが、スーパーホーダイは、組み合わせプランに「10分かけ放題」と「1Mbps使い放題」が付いてくるというプランです。

10分かけ放題

10分かけ放題

「10分かけ放題」のサービスが適用されるのは、楽天でんわアプリの使用、または通話番号の先頭に「003768」を付けて発信した場合。

10分以降の通話料金は30秒10円、楽天でんわ未使用時は30秒20円となります。

1Mbps使い放題

「1Mbps使い放題」は高速データ通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでデータ使い放題というサービスで、これはYmobileやUQモバイルのプランと比べても、比較的高くなっています。

通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsとなり、混雑状況や通信環境によって速度は変動します。

プランの組み方によっては、スーパーホーダイも組み合わせプランとほぼ同じ料金で利用できることもあり、楽天モバイルを利用する方の8割ほどはスーパーホーダイの申し込みをするようです。

スーパーホーダイが人気

スーパーホーダイが人気

スーパーホーダイのプランSを例に、料金プランを解説します。

月額基本料は2,980円となっていますが、楽天会員であればさらに楽天会員割、長期割が効いて500~1,000円の割引がされます。

目玉プランである月額1,480円のものは、楽天会員がプランSを3年契約で新規申し込みをした場合です。

スーパーホーダイのプランは最低利用期間が12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月となっていて、最低利用期間なしというプランはありません。

利用期間のプランによって適用される料金は変わりますが、もちろん期間の長い3年(36ヶ月)契約がいちばん割安となります。

毎月のプラン変更が可能

毎月のプラン変更が可能

組み合わせプラン内であれば、毎月1回まで「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」内でのプラン変更が可能です。

それぞれのプラン内で、高速データ通信容量に応じて料金が変わるので、容量を多く使った月とそうでない月で状況を見て、料金プランの調整ができます。

手続きに手数料はかからず、公式サイトからログインして簡単にできます。

キャンペーン利用でお得に機種変更ができる

楽天モバイルでは定期的にキャンペーンをやっていて、割引が効いたお得な価格で人気のスマホへ機種変更ができます。

キャンペーンは期間限定で、1回線につき1回のみの適用などの制約が付くこともあります。

iphone、ファーウェイなど定番機種や端末も

機種変更のラインナップにはiphoneやファーウェイ、アクオスなど定番の機種もあります。

大手キャリアにも劣らないハイスペックな端末もあるので、格安スマホだからといって侮るなかれ。

店舗で製品を即日受け取り可能

店舗で製品を即日受け取り可能

楽天モバイルの店舗では、機種変更の際に製品を触って試すことができて、即日で受け取ることも可能です。

楽天モバイルショップでは機種変更だけでなく、紛失や故障などの困りごとや契約内容の確認もできます。

ドコモ回線・au回線から選べる

ドコモまたはauのどちらかの回線を選んで使うので、大手のキャリアと変わらない広さのサービスエリアで利用できます。

圏外になることが多いといった心配もなく、快適に通話とネットを楽しむことができます。

契約期間を過ぎれば解約しても違約金が発生しない

楽天モバイルは大手キャリアのような2年縛りや自動更新といったシステムがなく、最低利用期間が過ぎれば、いつでも違約金なしで解約ができます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの最低利用期間は12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の3種類があり、期間が長くなるほどお得な料金で利用できます。

3つのNO.1

楽天モバイルは

  1. メインで利用している格安SIMサービス第1位(2019年3月)
  2. 独自サービス型SIM事業者シェア第1位(2018年9月)
  3. 乗り換え検討先サービス第1位(2019年4月)

という輝かしい実績があります。

この調査は、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)という調査研究機関により、15歳~69歳の男女43,689人を対象に2019年2月15日~2月22日の期間で行われました。

楽天モバイルの口コミ評判

楽天モバイルの口コミ評判

楽天モバイルに関する口コミを良い口コミと悪い口コミに分けて、見てみましょう。

悪い口コミ

楽天モバイルの悪い口コミには以下のようなものがあります。

  • データ通信の低速モードだと高画質では見れない。
  • 時間帯によっては低速モードが遅い。
  • スタッフの対応が悪い(個人的なもの)

3つめの「スタッフの対応が悪い」に関しては、たくさんある口コミの1つで、具体的にスタッフの対応の悪さを指摘するものはほとんどないので、気にしなくよいでしょう。

楽天モバイルに関する悪い口コミは少ないですが、なかには「負担金がかかる」といった、事実とは違う、意味がよく分からない口コミもあります。

全体的に見て、これは見過ごせないというような酷い口コミはありませんでした。

良い口コミ

良い口コミ

楽天モバイルの良い口コミには以下のようなものがあります。

  • 低速モードの1Mbpsでも思ったより速く、問題ない
  • Youtubeも不満なく、見れる。
  • 通信速度が多少遅くても、この料金なら満足。
  • 短い電話を何度も掛ける人にはスーパーホーダイは最高のプラン。

格安スマホを購入する人はやはりデータ通信に関する心配をする人が多いですが、全体的に通信速度が遅くても、問題になるほどではないという声が多いです。

大手キャリア製品のスペックには及ばなくても、格安料金で十分満足できるという印象です。

☞ 楽天モバイル【公式サイト】はこちら

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット・デメリットについて見てみましょう。

デメリット

楽天モバイルのデメリットは、正直それほどないといっていいほどですが、強いて挙げるなら、通信速度の遅さです。

しかし、格安スマホである代わりに、通信速度が大手キャリアに比べて遅いことは想定内のことなので、不満だという声は少ないです。

むしろ通信速度が遅いことは予想していたけど、思っていたより速かったという方が多いです。

メリット4つ

楽天モバイルのメリットは以下の3つです。

  1. とにかく安い
  2. 楽天ポイントが使える
  3. 公式サイトの管理画面が見やすい
  4. 携帯ブラックでも契約しやすい

それぞれのメリットについて解説します。

1.とにかく安い

1.とにかく安い

楽天モバイルのメリットはとにかく安いことですが、料金以上に満足して使えるという声が多いことも注目すべき点です。

通話ありのベーシックプランの最安1,250円、おすすめのスーパーホーダイの料金プランは1,480円(楽天会員がプランSを3年契約した場合)です。

データ容量はあなたの使用状況に合わせて、プラン変更もできます。

大手キャリアから格安スマホに乗り換える1番の目的は、携帯料金を安くしたいというものですから、まさに目的通りの乗り換えができます。

2.楽天ポイントが使える

楽天モバイルでざくざく貯まることで有名な楽天ポイントを貯めることも使うこともできるので、非常にお得です。

月々2,000円足らずの利用料であれば、全額ポイント払いも難しくありません。

3.公式サイトの管理画面が見やすい

3.公式サイトの管理画面が見やすい

プランの変更やオプションの手続きは店舗か公式サイトでログインして行いますが、公式サイトの管理画面が見やすいというメリットがあります。

管理画面が見やすいとそれほど面倒な手続きもしないで済みます。

4.携帯ブラックでも契約しやすい

楽天モバイルの端末は、2万円以内で買える安いものがあり、一括払いで購入しやすいので、携帯の分割払い契約ができない携帯ブラックの人でも契約がしやすいです。

信用情報に傷があるブラックの方だと、分割払いの審査に通ることができませんが、楽天モバイルのように端末が格安だと一括払いがしやすいため、携帯ブラックの方でも問題ありません。

格安料金・スペック共に満足の楽天モバイルがおすすめ

格安料金・スペック共に満足の楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルは数ある格安スマホ会社のなかでも、特に安くお得に利用でき、自分の利用状況に合わせて、料金プランも選べます。

格安スマホであるがゆえのスペックに関する不安も解消されるほどの製品となっていて、その満足度が高いことは多くの口コミ評判からも分かります。

また、その他の楽天グループのサービスと合わせて利用すると、さらに割引が効いたり、ポイントもざくざく貯まるといった特典も付いてくるので、楽天ユーザーには特におすすめです。

格安スマホへの乗り換えを検討中の方は是非、楽天モバイルを選んではみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルのお申込みはこちら

まとめ

携帯料金の支払いでブラックリスト入りした人(携帯ブラック)でも、楽天モバイルで契約することは可能です。

しかし、過去のブラックの程度や料金の支払い状況によっては審査落ちになる場合もあるため、一概には言えません。

格安スマホとしては申し分のないスペックで、なに不自由なく使えるため、携帯料金を抑えたい人にはおすすめです。

☞ 楽天モバイル【公式サイト】はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA