ブラック融資OK
労金はブラックでも借りられる?労働金庫の審査を解説

労金はブラックでも借りられる?労働金庫の審査を解説

ろうきん(労働金庫)は金融機関の1つで、カードローン、おまとめローン、住宅ローン、教育ローンなどのローン商品や金融サービスを取り扱っています。

しかし、あなたがよく利用する一般的な銀行や、貸金業者とはローンの審査基準が少し異なっているようです。

この記事では、労金はブラックでもお金を借りられるのかについて解説しています。

その他にローンの審査基準や特徴、労金で借りられなかった時の対処法についてまとめました。

SPONSOR LINK

ブラックリストでも労金でお金を借りることはできる?(審査に通る?)

労金の審査はブラックでも通る?(お金を借りられる?)

労金では、信用情報がブラック(ブラックリスト)だとお金は借りられないと考えたほうが良いでしょう。

その理由について、解説していきます。

審査通過の可能性はゼロではないが厳しい

ブラックの人が労金の審査に通る可能性はゼロではありませんが、限りなく厳しいでしょう。

可能性がゼロではないというのも、ネット上の口コミでは、住宅ローンに限ってはブラックでも借りられたという例が報告されているからです。

このことに関しては、ブラックの程度が軽かったため、柔軟に対応してもらえたこと、「はたらくみんなのくらしを守り、応援すること」を理念とする、労金の特徴によるもではないかと考えられます。

一般的なカードローンにあたる、労金のカードローン「マイプラン」という商品においては、ほぼ審査落ちと考えたほうが良さそうです。

カードローン(マイプラン)|中央労働金庫【公式サイト】

担保を付けるとブラックでも可能性あり?

担保を付けるとブラックでも可能性あり?

労金には住宅ローンやおまとめローンなど、有担保型(不動産担保型)のローンがありますが、担保を付けることで、ブラックの人でもいくらか審査に通りやすくなります。

しかし、この場合でも、債務整理などの金融事故を起こしてから3~5年経っているなど、ブラックの程度が軽くなっていることが必要です。

債務整理を行った直後で生活が落ち着いていないなど、ブラックの状態が重い場合は、審査に通るのは厳しいでしょう。

SPONSOR LINK

ブラックの期間が明けてから申し込む

ブラックの人が労金でお金を借りるには、基本的にはブラックの期間が明けるのを待つしかありません。

延滞や債務整理の履歴が信用情報から削除されるのは、問題が解決(完済)してから5年となっています。※自己破産は最大10年

そんなに待てないという方は、ブラックでも借入可能な中小消費者金融も検討してみましょう。

ブラックでも借りられる消費者金融を5つ紹介

労金の審査基準は甘い(ゆるい)?厳しい?

労金の審査基準は甘い?厳しい?

労金は返済能力がない人を審査に通すほど審査基準が甘くはありませんが、銀行や大手消費者金融よりは審査が甘いと考えられます。

銀行や大手消費者金融よりも柔軟な審査

というのも、労金は銀行や大手消費者金融と違い、非営利の金融機関で、「労働者の生活を守り、支援する」という理念があるため、銀行や大手消費者金融よりも柔軟な審査を行っているのです。

労金の審査基準は公表されておらず、柔軟である分、曖昧とも言えそうですが、少なくとも銀行や大手消費者金融よりは個人の事情を考慮した審査基準となっています。

銀行では審査落ちだったのに労金なら審査に通ったという口コミがあることを考えても、銀行よりも審査に通りやすいと言えるでしょう。

労金は3つの信用情報機関に加盟している

労金は他の金融機関や消費者金融同様、以下の3つの信用情報機関に登録しています

  1. CIC
  2. JICC
  3. 全国銀行個人信用情報センター

いくら労金が、労働者や組合員の生活に寄り添った審査を行っているとはいえ、お金を貸す以上は、必ず審査で信用情報の照会を通して、個人の返済能力を計っています。

ただ、銀行や大手消費者金融のコンピュータによる審査とは違い、自動的にブラック=即審査落ちになるようなことはありません。

審査から入金までの日数は?

借入までは1ヶ月ほどかかる

労金の審査結果が出るまでの日数は、仮審査と本審査を合わせて約2週間ほどをかかり、さらにローンカードが自宅に届くまでは、さらに2週間ほどかかります。

よって、申し込みからATMでお金を引き出すまでは、1ヶ月ほどかかる場合もあります。

時間帯にもよりますが、コンビニATMの振込手数料は無料です。

即日融資ができないのはもちろんのこと、消費者金融などに比べて、はるかに遅いため、急ぎでお金を借りたい人には向きません。

申し込みは店舗で行う

ろうきんでインターネット申込ができるのは、団体会員のみで、個人の場合は店舗で申し込みを行うことになります。

銀行や大手消費者金融よりも審査が柔軟な分、この点は不便な点となります。

労金の審査に落ちたら?

労金の審査がダメなら?

労金でお金が借りれない場合の対処法として、次の2つがあります。

  1. 中小消費者金融で借りる
  2. 審査なしでお金を作る(借りる)

それぞれの方法について、解説します。

1.中小消費者金融で借りる

労金よりもさらに審査に通りやすい貸金業者に、中小消費者金融があります。

中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融の審査に通らない人がお金を借りる業者といった位置づけですが、労金の審査に通らなかった場合にも、頼りになる業者です。

労金はブラックだと審査に通るのが難しいことには触れましたが、中小消費者金融であれば、ブラックの人であっても独自の審査基準で返済能力を判断し、借りられる場合があります。

ブラックの状態が非常に重いものであれば、中小消費者金融でも審査落ちになることがありますが、労金よりは借りられる可能性が高いです。

2.審査なしでお金を作る(借りる)

労金でお金が借りられなかった場合は、審査なしでお金を作る(借りる)方法も考えてみましょう。

例えば、以下の方法であれば、審査なしでお金を用意することができます。

  • 質屋に担保を入れてお金を借りる。
  • 家にある不要品を買取業者やリサイクルショップに売る。
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りる

上記3つの方法であれば、あなたの信用情報を確認されることもないので、返済能力に関係なくお金を用意できます。

数十万円といった大きな金額を用意するのは難しいかもしれませんが、緊急のときの小口の資金にはなることと思います。

今すぐ「審査なし」でお金を作る方法を解説

今すぐお金が必要!ブラックでも審査なしで簡単に作る方法

労金(労働金庫)とは?

労金(労働金庫)とは?

労金は労働金庫の略で、労働組合に属する組合員の方や、生協で働く人達がお金を出し合って作られた金融機関です。

組合員でなくても加入できる

労金は組合員の方のみならず、一般の勤労者の方でも口座を作ったり、出資金を払って、個人会員として加入することができます。

労金も金融機関の1つなので、お金を借りたり、貯めたり、増やしたりできるサービスや商品があります。

労金は営業エリアによって地域ごとに分かれていて、全国に13の労金があります。

以下は、関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)を営業エリアとする、中央ろうきんの公式サイトです。

中央労働金庫【公式サイト】

労金と銀行の違い

労金と銀行の違い

労金は、お金を「借りる、貯める、増やす」ための商品やサービスがある金融機関であるという点では銀行と違いはありません。

しかし、労金と銀行では、理念や目的が違います。

株式会社である銀行が利潤追求を目的として、企業への融資を中心に行うのに対し、非営利団体で協同組織である労金は、勤労者の生活・福祉の向上を目的として、勤労者を中心に融資を行っています。

また、銀行の運営は主要株主の意向が反映されやすいですが、労金は会員一人ひとりの意見に基づいた、民主的かつ公平な運営をしています。

ろうきんのローンは低金利

労金の理念・目的に勤労者の生活の向上や支援とありますが、例えば労金の住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどは銀行や消費者金融に比べ、低金利で借りることができます。

銀行や大手消費者金融の金利が2~18%ほどが一般的であるのに対し、労金の金利は1~8%ほどと、ひと桁内に収まっています。

ローン金利の低さは、銀行や大手消費者金融の審査よりも通りやすいことに並び、労金の大きな魅力であり、メリットの1つと言えます。

銀行や消費者金融よりも低金利で借りたいのであれば、AIスコアレンディングのジェイスコアも選択肢になります。

ジェイスコア審査の解説はこちら

ジェイスコアはブラックOKって本当?審査基準の口コミ評判

ろうきんダイレクト(インターネットバンキング)が便利

労金も大手銀行と同じように「ろうきんダイレクト」で、インターネットバンキングを利用することができます。

パソコンやスマホがあれば自宅でも残高の確認や振込ができる非常に便利なサービスで、忙しい方にもおすすめです。

労金のデメリット

労金のデメリットは、銀行や大手消費者金融に比べ、ローンの審査期間が長いことです。

労金の審査では、仮審査で一週間、本審査で一週間かかることもあるので、急ぎでお金を借りたい人の目的には沿っていません。

また、ローン商品によっては組合員の方が審査に有利になり、個人会員では不利になる場合があります。

SPONSOR LINK

まとめ

労金の審査はブラックだと審査落ちの可能性が高いですが、銀行や大手消費者金融よりは通りやすいです。

ブラックの程度が軽いことや、担保として不動産を預けるなどの条件が加われば、ブラックでも審査に通る可能性はありますが、基本的には厳しいと考えておきましょう。

労金でもお金を借りられなかった時の対処法としては、ブラックの人でも審査対象としている中小消費者金融に申し込む方法があります。

ブラックの人には厳しい労金ですが、勤労者の生活の向上や支援を目的とした金融機関なので、あなたにピッタリのサービスがないか探してみるのもいいかもしれません。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA