ブラック融資OK
主婦がお金を借りたい!生活費をカードローンで借りる方法

主婦がお金を借りたい!生活費をカードローンで借りる方法

生活費や急な出費など、家計のやりくりが大変な主婦の方へ。

突然の冠婚葬祭や子供の習い事、学生の子供がいる場合の教育費など、目の前の出来事でお金が足りないということもあるでしょう。

ここでは、主婦が生活費をカードローンで借りる方法を解説します。

SPONSOR LINK

サクッと読む見出し

主婦がカードローンで生活費(お金)を借りる方法は2つ

主婦が生活費(お金)を借りる方法は2つ

主婦がお金を借りるには下記2つの方法があります。

  • 銀行系のカードローン
  • 消費者金融(即日融資)

「銀行系のカードローン」は金利が低くて「銀行」という安心感があります。

「消費者金融」はスピーディーな審査や即日融資で借りれるところが魅力です。

どちらもお金を借りるには「申し込み」から「審査」をして「契約」し「融資」を受けます。

SPONSOR LINK

主婦にも「主婦」と「専業主婦」の2種類ある

主婦にも2種類ある

「銀行系のカードローン」と「消費者金融」のどちらで借りるのかにあたり、主婦は次の2種類にわけられます。

  1. パートやアルバイトの収入がある主婦
  2. 収入のない専業主婦

少しでも安定した収入があるかないかで、お金を借りる方法が変わります。

1.パートやアルバイトの収入がある「主婦」

パートやアルバイトの収入がある主婦は

「銀行系のカードローン」
「消費者金融」

のどちらでも借りることができます。

収入がある=返済能力がある

収入がある=返済能力がある

返済をするには毎月の安定した収入が大切です。

パートやアルバイトをしていれば、その返済を自分でやりくりできるので、信用も高く「銀行系のカードローン」「消費者金融」どちらでも契約可能です。

融資金額はそれほど高くはありませんが「即日10万円が融資されるだけでも大金」ではないでしょうか?

借りれるのは年収の1/3まで

消費者金融の借り入れでは、貸金業法の「総量規制」というルールが適用され、借入総額として、あなたの年収の1/3を超える金額を借りることはできません。

参照:総量規制について【貸金業法】|日本貸金業協会

複数社から借りている場合は、すべての利用限度額を合わせた借入総額で計算をします。

金利の低さは「銀行系のカードローン」がオススメで、審査難易度と審査スピードを考えるのであれば「消費者金融」をオススメします。

消費者金融は銀行に比べ金利が多少高いですが、大手のプロミスやアコム、アイフルなどは無利息期間サービスを取り扱ってます。

収入がある主婦にオススメ消費者金融

収入がある主婦にオススメ消費者金融

収入がある主婦の方には、次の5社のカードローンをおすすめします。

上記の4社は30~180日間の無利息期間サービスがあり、直ぐに返済を計画している方にオススメです。

無利息期間適応のシステムや条件は各社異なりますが、どちらの会社も申し込みから最短1時間で融資可能なので、時間がとれない忙しい主婦の方向けです。

パート、アルバイトで働いているのであれば、夫の扶養内かと思いますので、年収100万円くらいで利用枠も30万円くらいにはなります。

50万円以下の貸付であれば収入証明書は不要ですので、勤務先への電話確認さえOKであれば直ぐに手続きできます。

審査が不安ということなら、大手の業者よりもさらに審査の甘い中小消費者金融もあります。

審査が甘い消費者金融3つを紹介

ブラックでも即日融資OK!審査が甘い消費者金融3つ

2.収入のない「専業主婦」

2.収入のない専業主婦

収入のない専業主婦は「銀行系のカードローン」でお金を借りる

専業主婦がお金を借りるには、総量規制対象外の「銀行系のカードローン」がおすすめです。

パソコン・スマホで申込み可能

「銀行系のカードローン」は銀行という安心感があるのはもちろん、最近ではパソコンやスマホで申し込めて来店不要の契約ができます。

大手銀行はもちろんですが、地方銀行でも「専業主婦が利用できるカードローン」もあり、金利も消費者金融より低いです。

限度額は20~50万円くらいまで利用できるところが多いです。

夫の勤務先へ電話連絡はいかない

「在籍確認で夫に借り入れがばれるのでは?」と心配する方もいるかと思いますが、勤務先への電話確認等は一切ありません。

専業主婦が銀行系カードローンで、夫の会社への「電話連絡なし」で、お金を借りられる理由は以下の2つです。

  1. 専業主婦で生活できること自体、夫に安定した収入があるから
  2. 夫に借り入れがばれることが夫婦仲に影響して、返済が難しくなるから

以上の理由から、「銀行系カードローン」は専業主婦でも利用ができます。

「配偶者貸付」なら消費者金融でも借りれる

「配偶者貸付」なら消費者金融でも借りれる

「配偶者貸付」を利用すれば、専業主婦でも消費者金融で借りられます。

夫婦合算の収入で審査

配偶者貸付は、夫婦合算の収入で審査をする制度です。

専業主婦の方が申込みをする場合、旦那さんの年収で審査をするので、収入証明や同意書、さらに婚姻関係を証明する書類も提出する必要があります。

夫に申し込んでもらった方が早い

もし夫が借り入れに同意しているなら、「配偶者貸付」を利用せずに、夫に申し込んでもらった方が手続きが簡単です。

しかも「配偶者貸付」の商品自体はほとんどの消費者金融にありませんので、取り扱っている業者を探すのも大変です。

配偶者貸付で借りられる中小消費者金融には、ベルーナノーティスレディースフタバがあります。

専業主婦におすすめの銀行系カードローン

専業主婦におすすめの銀行系カードローン

専業主婦におすすめの銀行系カードローンは、以下のものがあります。

メガバンク みずほ銀行三井住友銀行
ネット銀行 楽天銀行じぶん銀行イオン銀行
地方銀行 横浜銀行千葉銀行

メガバンクは全国どこでも口座が作れて、口座があればコンビニやネットからでも利用ができるのでとても便利です。

ネットと郵送で完結できる

全てネットと郵送で完結できますし、来店で契約することも可能です。

地方銀行のカードローンは、利用者の居住地や勤務先住所を制限するところも多いのですが、条件があてはまれば、なお得に使うことができます。

口座がなくてもカードローンが利用できるところもある

口座がなくてもカードローンが利用できるところもあるので、自分がどのように契約をしたいのかで選ぶのも良いでしょう。

口座開設が必要な銀行系カードローンだと、口座開設に1週間ほど時間がかかることがあります。

ネット銀行のカードローンは、時間帯が幅広く使えるというメリットがあります。

主婦は「女性専用プラン」で借りるのがおすすめ

主婦には「女性専用プラン」がおすすめ

初めてのキャッシングは不安なものですが、そんなときに女性が安心して利用できるのが、「女性専用プラン」です。

「銀行系のカードローン」も「消費者金融」も女性専用のプランなどを設けているところはあるので、女性専用プランから調べてみると良いでしょう。

女性スタッフが対応

「女性専用プラン」は、担当者が皆女性だったり、女性スタッフのみが出るフリーダイアルがあったりします。

一般的に女性はお金を借りるということに、男性よりも抵抗があるものです。

女性スタッフに相談することで、悩みなども話しやすくなるでしょう。

先に紹介した中小消費者金融フタバの「レディースフタバ」も女性専用プランの1つです。

フタバの審査を解説

フタバのキャッシング審査はブラックOK?口コミ・評判から徹底解剖!

キャッシュカードがおしゃれ

「女性専用プラン」は、おしゃれなキャッシュカードが用意されていることも多いです。

銀行系だと、通常のキャッシュカードと一緒になっているものもあり、利用時に周りに気づかれないのでオススメです。

更にWeb完結で、カードレスで手続きできるものもあります。

主婦が家族、旦那にバレずに生活費(お金)を借りる方法

家族、旦那にバレずにお金を借りる方法

主婦がお金を借りるときに気になるのは、「家族や旦那にバレない?」ということです。

お金のことはとてもデリケートな内容なので、家族に内緒で借りたいのが主婦の本音です。

家族に借り入れがバレたら、こんな風に思われるのではないでしょうか?

  • 無駄遣いしているのでは?
  • 計画性がないから?
  • ぜいたくしている?

こんな風に思われたくない主婦の方が内緒でお金を借りる方法として、銀行系カードローンと大手消費者金融カードローンを紹介します。

銀行系カードローンでバレずに借りる

銀行系カードローンは専業主婦の方が借りる場合であっても、配偶者の同意書や収入証明書、職場への在籍確認なしで借りられるものがあります。

主婦層をメインの顧客とするイオン銀行カードローンや、比較的審査が甘いとされる楽天銀行カードローンであれば、主婦の方でも審査に通りやすいです。

申込み時には担当者に旦那さんにバレずに借りたいということを相談すると良いでしょう。

銀行によっては、配偶者の収入証明書の提出や在籍確認が必要な場合もあるので、申込み時に確認しましょう。

大手消費者金融カードローンでバレずに借りる

収入のある主婦の方であれば、大手消費者金融カードローンでも借りることができます。

大手消費者金融にはプロミスやSMBCモビット、アコム、アイフルがありますが、借り入れの際には、次の3つのことに気をつけましょう。

  1. 来店契約で郵送物なし
  2. 担当者に事情をきちんと伝える
  3. 返済は忘れずに

それぞれの注意点について解説します。

1.来店契約で郵送物なし

インターネットや電話で申込みをして、「契約」や「カード発行」を来店でしましょう。

有人店舗や自動契約機で、契約手続きやカード発行をすれば、「郵送物」が発生しません。

特に郵送物や電話連絡のない方法として、SMBCモビットの「WEB完結申込」がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込【公式サイト】

平日の午前中など使うと比較的空いているでしょう。

2.担当者に事情をきちんと伝える

2.担当者に事情をきちんと伝える

WEB完結申込以外の方法で借りる場合は、申し込みの段階で「バレたくない」という事情を担当者にしっかりと伝えましょう。

領収書やDMなどは予め禁止にして申し込みをしておけば安心です。

どうしても郵送が発生してしまうのであれば、本人以外が受け取れない「本人限定書類」や「郵便局留め」にしてもらいましょう。

「親展書類」は本人以外が開けてはいけないものですが、家族であればあまり気にせずに開けてしまう可能性があります!

3.返済は忘れずに

絶対に忘れてはいけないのが毎月の「返済」です。

返済をしないと連絡がくる

いくら貸金業改訂で横暴な取り立てがなくなったとはいっても、返済をしなければ連絡はきますし、延滞期間によっては法的措置もとられます。

予め設定することで支払いの「お知らせメール」がきたり、自動で引き落としをしてくれるところもあります。

返済が期日に間に合わない時は連絡をする

どうしても返済期日に間に合わないということであれば事前に連絡しましょう。

返済をしないまま放置しておくと、状況がますます悪くなります。

以下では、大手消費者金融の1つであるSMBCモビットの審査基準について解説しています。

SMBCモビットの審査基準を解説

カードローン以外でお金を作る方法

カードローン以外でお金を作る方法

早急にお金が必要になったということであれば、カードローン以外でもお金を借りる方法はあります。

今すぐ審査なしでお金を作る方法を解説

例えば、既にキャッシング機能の付いたクレジットカードを持っていれば、コンビニATMなどで審査なしですぐにお金を借りれます。

また家にある不要品をリサイクルショップや買取業者に売ったり、質屋を利用するという方法もあります。

上記リンクの記事を参考にしてみて下さい。

市役所・区役所でも生活費を借りられる(生活が困窮している場合)

旦那さんがいたとしても、何らかの事情でどこからもお金を借りることができない場合は、区役所・市役所で生活費を借りることができます。

低収入で生活に困っていたり、失業中で無職の状態である時に、生活福祉資金貸付制度を利用することで、銀行や消費者金融よりもずっと低い金利でお金を借りることができます。

参照:生活福祉資金貸付制度 【厚生労働省】

相談窓口は、あなたが住む市町村の社会福祉協議会になります。

生活福祉資金貸付制度で借りられる主な条件は、収入が各自治体の定めた基準以下であることです。

審査では、住民票や収入を証明する書類などの提出が必要ですが、詳細は各自治体の窓口に相談しましょう。

SPONSOR LINK

まとめ

主婦が「お金を借りる」のは、なかなか一歩が踏み出せないかもしれません。

しかし一番こわいのは、督促や返済ができなくなることではありません。

「借入に歯止めがきかなくなること」です。

ちょっとの出費に「まあ、借りれば良いかな?」という考え方が出てきてしまうと、返済も借りて返していけばよい、の繰り返しになってしまいます。

カードローンを上手に取り入れて、計画的に利用をしましょう。

SPONSOR LINK