ブラック融資OK
多重債務者が借金地獄から抜け出すには?解決法や原因について

多重債務者が借金地獄から抜け出すには?解決法や原因について

多重債務者とは、2件以上の消費者金融、クレジットカードなどの利用による借り入れがある人の事を指します。

多重債務者(借金地獄の人)で借金の返済が困難な方は、債務整理の手続きを行う事で利息のカットや借金の減額ができ、支払いの負担が軽くなります。

債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があり、自分の状況にあった債務整理をする事で、借金地獄から抜け出すことができます。

この記事では

  • 4種類ある債務整理による借金問題の解決方法について
  • 多重債務者(借金地獄の人)になる原因
  • 多重債務者にならないための対策

などを解説していきます。

SPONSOR LINK

サクッと読む見出し

借金地獄からの脱出方法としておすすめの債務整理4つ

多重債務者におすすめの債務整理

債務整理とは、借金地獄の人が法律や弁護士・専門家への相談によって、借金を整理する方法の総称です。

一般の人が使える債務整理は

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

の4種類があります。

それぞれ特徴や、どんな人に向いているのかを解説していきます。

SPONSOR LINK

1.任意整理

任意整理とは、裁判所を関与せずに弁護士に依頼をして債権者(お金を貸している側)と債務者(お金を借りている側)が、利息のカットや借金の減額方法の話し合いをして和解契約をする手続きです。

任意整理は以下の特徴があります。

  • 裁判所を関与しない為、手間がかからない
  • 会社や家族にばれにくい
  • 交渉次第では、将来利息カットが見込める
  • 過払い金を請求を出来る場合もある

他の債務整理と比べて裁判所を使わないため、時間や手間をかけずに和解契約ができます。

また、弁護士との直接のやりとりで話し合いを進めていくので、会社や家族にもばれるリスクも少なく、利用者がもっとも多い返済方法です。

任意整理では、減額した借金を3~5年かけて分割払いで返済をしていきます。

債権者との交渉によっては将来の利息分もカットでき、元金だけの返済になるので債務者の負担は軽減されます。

また、2008年以前に借金を利息制限法の上限利息以上で返済をしていた場合は、過払い金を請求することもできます。

過払い金返還請求の方法・流れを解説|デメリットは?

過払い金返還請求の方法・流れを解説|デメリットは?

相談・和解に応じて貰えない可能性も?

任意整理は、あくまでも「任意」での話し合いになります。

裁判所を使わずに弁護士や司法書士に間に入ってもらい話し合いをしますが、債権者が和解に応じてもらえない可能性も考えられます。

任意整理が向いている人

任意整理は以下に該当している人が向いています。

  • 最低返済額(利息分)しか返済ができていない
  • 3〜5年にかけて返済できる見込みがある
  • 会社や家族に迷惑かけたくない、知られたくない

多重債務者になると、一番大きい負担は返済時の利息分です。

借金の返済時に最低返済額(利息分)の支払いだけで精一杯の方は債権者との交渉次第で将来の利息分をカットし、元金のみの返済にすることができます。

また、任意整理は裁判所を使わずに弁護士と直接やりとりを行って手続きを進めます。

弁護士に「家族には秘密にしたい」と伝える事で会社や家族に、ばれないよう協力に応じてくれます。

2.特定調停

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所の調停手続きを利用して、債権者と債務者が利息のカットや借金の減額方法の話し合いをして、和解契約をする手続きです。

特定調停は、調停委員が間に入って債権者と話し合いを進めていきます。

強制執行(差し押さえ)を停止できるメリットがある

借金の減額方法の和解契約をするので基本的には任意整理と似ていますが、特定調停のメリットとして、裁判所を使って話を進めることで、強制執行(差し押さえ)を停止することができます。

強制執行(差し押さえ)とは、債権者がローンを滞納し続けている債務者に対して、裁判所を通して強制的に給料や財産を回収する事です。

強制執行(差し押さえ)は、債務者の経済的再生を目的とする債務整理を行えなくする可能性があるため、このような制度が設けられています。

口座の差し押さえの仕組みや流れについてはこちらの記事で解説しています。

銀行口座を差し押さえの流れと対処法

銀行口座を差し押さえられたらどうする?流れと対処法

過払い金の請求ができない

特定調停のデメリットとして過払い請求ができないという点があります。

特定調停では「債務者の支払いについての話し合い」になるため、過払い請求はできません。

過払い請求を行うためには、別の手続きで請求する必要があります。

特定調停が向いている人

特定調停は以下に該当している人が向いています。

  • 手間と時間をかけてでも費用を抑えたい人
  • 過払い請求ができない人
  • 強制執行を停止したい人

専門家に依頼をしなくても和解契約の手続きができるため、時間をかけてでも費用を抑えたい方や過払い金請求ができない人が向いています。

また特定調停は「強制執行(差し押さえ)の停止」ができますが、特定調停後に滞納すると強制執行をされるので、支払い期日は守りましょう。

特定調停は自分で申し立てをするのが一般的ですが、費用をかけて弁護士に依頼することで書類作成などの手間を省くことはできます。

3.個人再生

個人再生

個人再生は、借金の総額が5千万円以下の債務者が裁判所を使って、借金の総額を大幅に減額して、3~5年かけて返済する手続きになります。

個人再生の大きな特徴は、住宅などの財産を残したまま返済ができる点です。

また、個人再生手続きには対象者によって「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類の手続き方法が存在します。

  • 小規模個人再生…個人商店主や小規模の事業を営んでいる人などを対象とした手続
  • 給与所得者等再生…サラリーマンを対象とした手続

小規模個人再生は、継続的な収入があればアルバイトでも利用が可能です。

借金の総額によって「最低返済額」は異なる

個人再生では、借金の総額によって「最低返済額」の金額が異なります。

最低返済額一覧
借金総額 最低返済額
100万円未満の人 総額全部
100万円以上500万円以下の人 100万円
500万円を超え1500万円以下の人 総額の5分の1
1500万円を超え3000万円以下の人 300万円
3000万円を超え5000万円以下の人 総額の10分の1

上記の最低返済額を3年~5年かけて返済すれば、残りの借金は免除されます。

また、最低限返済額は財産の状況などによって変わる場合があります。

個人再生が向いている人

個人再生が向いているのは、次のような人です。

  • 持ち家を手放したくない人
  • 5000万円以下の多額の借金がある
  • 継続的に安定した収入がある

個人再生はマイホームなどの財産を手放したくない人に向いており、元金が大幅に免除される手続きです。

4.自己破産

自己破産

自己破産は、借金の返済が不可能であることを裁判所に認めてもらい「借金を全てゼロ」にする手続きです。

前述の債務整理(任意整理・特定調停・個人再生)は、債務者の借金を減額し返済する方法でしたが、自己破産はどれだけ借金があってもゼロにできる債務整理になります。

また、自己破産の大きな特徴は、無職や生活保護受給者でも申請することが可能であることです。

自己破産のデメリット

自己破産の申請で借金をゼロにできる代わりに以下のデメリットがついてきます。

  • 財産がなくなる
  • 家族や保証人に迷惑をかける
  • 自己破産の手続き中は、就ける職業や取れる資格の制限を受ける

財産に関しては、生活するために最低限必要とされるもの以外は没収されます。

不動産や査定額20万円を超える財産は没収されることを覚悟した方がいいです。

自己破産をすると「本人がお金を出して購入した家族名義の財産」も没収される可能性があり、保証人がついている借金の支払い義務は本人から保証人、連帯保証人に移ります。

自己破産後の生活やデメリットは、以下の記事で詳しく解説しています。

自己破産するとどうなる?自己破産後の生活やデメリット

自己破産するとどうなる?自己破産後の生活やデメリット

資格や職業に制限を受ける

資格や職業に制限を受ける

自己破産の手続き中の3ヶ月〜1年間は、以下の資格や職業に就けない制限を受けます。

弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、警備員、特定保険募集人、国家公安委員、後見人、保佐人、補助人

上記は、自己破産をしたことで業務に支障が出ると考えられる職業です。

自己破産が向いている人

自己破産に向いている人は「借金の返済が不可能」である人に限られます。

メリットは無職の人でも借金をゼロにできることですが、資格や職業選択の制限を受けたり、財産が没収されるというデメリットがあります。

自己破産をする時は、置かれている状況をしっかりと考えてから決断しましょう。

債務整理による借金地獄からの脱出をお考えなら、まずは無料診断できる法律事務所もあります。

おしなり法律事務所で借金の無料相談

おしなり法律事務所で無料の借金相談 !債務整理におすすめ!

債務整理は信用情報に記録が残る

債務整理は「任意整理・特定調停・個人再生・自己破産」のいずれも、以下の3つの信用情報機関に事故記録として登録され、金融ブラックとなります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

任意整理と特定調停は5年間、個人再生と自己破産は5〜10年間は、基本的に新たな借り入れやクレジットカードの審査に通らなくなります。

しかし、債務整理中で金融ブラックであっても、中小消費者金融であればお金を借りれる場合もあります。

債務整理中(後)にお金を借りる方法

債務整理中でもお金を借りる方法!必要に応じた対処法

債務整理だけでなく、借金を滞納し続けても金融ブラックになるので、返済が困難な場合は弁護士に相談をし債務整理を検討しましょう。

多重債務者(借金地獄)はここがツライ【特徴やデメリット】

多重債務者はここがツライ

多重債務者(借金地獄)になると、以下5つのような不利な状況に置かれます。

  1. 返済日が把握できなくなり、遅延しやすくなる
  2. 返済が滞ると督促状や電話連絡がある
  3. 返済の手数料・利息分が数倍になる
  4. 債務が重なるとクレジットの審査が通らなくなる
  5. 返済をするために新たな借り入れをしてしまう

それぞれについて見ていきましょう。

1.返済日が把握できなくなり、遅延しやすくなる

複数の消費者金融やクレジットカードなどで多重債務者になると返済日がバラバラになるため管理がしずらくなり、返済を遅延しやすくなります。

返済日を管理できずに、滞納が続いてしまうと個人信用情報に記録が残るリスクも考えられます。

2.返済が滞ると督促状や電話連絡がある

2.返済が滞ると督促状や電話連絡がある

ローンの返済を滞ってしまうと督促状や電話連絡もくるようになります。

ここで注意しないといけないのが督促状や電話連絡を「無視」をしないことです。

督促状や電話の連絡を無視してしまうと、勤め先の会社にも連絡が来てしまい、責任者に呼び出されることにもなります。

最終的には口座を差し押さえられる

督促状を無視していると最終的には銀行口座の差し押さえなどの強制執行を受ける形になり、お金を引き出すことができなくなります。

また、督促状をもらうということは家族や会社の同僚など、周りの人に借金がバレてしまう原因にもなります。

督促状は「無視」をせずに債権者に状況を伝え、相談することが大事です。

厳しい取り立ては法律で禁止されている

厳しい取り立ては法律で禁止されている

借金地獄の人への厳しい取り立ては法律で禁止されています。

厳しい取り立ては警察に通報

映画やドラマのように家まで訪問されるなどの厳しい取り立ては犯罪行為にあたるので、遠慮なく警察に通報しましょう。

2010年には貸金業規制法の改正が行われ「取り立て時の禁止行為」がさらに強化され、以下の内容は「貸金業法第21条第1項」に犯罪行為であると定められています。

自宅や敷地内に勝手に入られた 住居侵入罪
帰ってほしい事を伝えても居座られる 不退去罪
大声で恫喝行為 恐喝罪
「他業者から借りてでも返済しろ」と言われた 強要罪
事務所等から出られないようにされた 監禁罪
職場に来られた 業務妨害罪
ドア等に落書き行為 器物損壊罪

日本貸金業協会に登録された正規の貸金業者であれば、違法となる厳しい取り立てをすることはないでしょうが、闇金またはソフト闇金の場合は、違法行為に出る可能性が十分に考えられます。

ブラックの人がお金を借りる方法|闇金はダメ、絶対!

ブラックでもお金を借りる方法|闇金はダメ、絶対!

警察に相談する時は証拠の準備

警察に相談する時は、厳しい取り立てをされた時の証拠が必要になります。

借金の取り立て時に会話した内容を録音したり、ドア等の張り紙や落書きなどは写真にとって証拠として記録しておきましょう。

「どの人がどのような行為をした」という明確な証拠を準備することで身を防ぎやすくなります。

3.返済の手数料・利息分が数倍になる

多重債務者になると、返済の手数料や利息分が数倍になることもあります。

多重債務者になると、複数の利息分の支払いだけでもきつい状況になり、元金がなかなか減りません。

こうなってしまうといつまで経っても借金を背負い続けてしまい、借金地獄から抜け出せない生活を送ることになります。

4.債務が重なるとクレジットの審査が通らなくなる

4.債務が重なるとクレジットの審査が通らなくなる

債務が重なるとカードローンやクレジットの審査が通りにくくなります。

借入総額に問題がなくても「多重債務者」という状態が、審査に影響します。

急遽お金が必要な状況になっても、新たな借り入れが困難な状態になるでしょう。

5.返済をするために新たな借り入れをしてしまう

借金地獄に落ちてしまうと「返済をするための新たな借り入れ」をしてしまいガチです。

新たな借り入れをする事で完済するのであればそれほど大きな問題ではありませんが、その場しのぎの返済になると多重債務者になります。

「返済をするために新たな借り入れ」という行為は避けましょう。

実際に借金地獄に落ちてしまった人のリアルな声や体験談を知りたい場合は、借金地獄の真っ只中にいる人のブログを読んでみるのもいいでしょう。

債務・借金に関する人気ブログランキング 【人気ブログランキング】

あなたにとって最適な借金問題の解決方法や、少しでも早く借金地獄から脱出するためのポイントなどが分かるかもしれません。

多重債務者(借金地獄の人)になる原因

多重債務者になる原因

多重債務者になる原因やタイプを解説します。

一番多い原因は「低収入・収入の減少」

多重債務者になる原因としてあげられている項目は、以下の内容で金融庁が発表しています。

借金をしたきっかけ 人数
低収入・収入の減少等
(生活費・教育費等の不足)
1587
商品・サービス購入 583
事業資金の補填 533
住宅ローン等の借金の返済 398
ギャンブル・遊興費 260
本人、家族の病気・けが 240
保証・借金肩代わり 239
その他 358
不明 502

参照元:地方自治体及び財務局等における多重債務相談の状況について

原因として「低収入・収入の減少」が圧倒的に多いことがわかります。

家族がいると教育費もかかるため、低収入だと生活が苦しくなり借金をしてしまうケースが多いようです。

なかにはリストラに遭って借金が返せなくなるというケースや、保証人として他人の借金を背負い、自己破産をしてしまうケースもあります。

その他には芸能人など、一般人の何十倍もお金を稼いでいるのに、事業の失敗などにより借金地獄に落ちてしまう人もいますが、詳しくはこちらの記事で解説しています。

借金地獄の芸能人ランキング

多重債務者になりやすいタイプ

多重債務者になりやすいタイプとして以下の内容が考えられます。

  • 衝動買いをしてしまう人
  • 資産の管理が苦手な人
  • 計画的に行動できない人

ついつい欲しいものを購入してしまう人は多重債務者になりやすいタイプといえます。

商品の購入で「分割払い」や「リボ払い」で徐々にローンが重なってしまうと、気付くと支払いが追いつかなくなり借金を抱えてしまいます。

クレジットカードの利用や消費者金融でお金を借りることは悪くないのですが、計画的に資産を管理しないと大変なことになります。

多重債務者にならないために

多重債務者にならないために

多重債務者にならないためにやるべき事前対策は、普段から自身の収入と支出を管理することです。

自分の収支を把握する方法として、家計簿をつける方法があります。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、収入と支出を把握できるようになります。

まずは、一ヶ月でもいいので収入から「固定費・光熱費・食事」を差し引いてどれくらいお金が残るのかを確認することが大事です。

「今月は◯◯円までお金を使って大丈夫」と使えるお金を把握しておく事で、安心して買い物ができるようになります。

飲み会などの誘いを断る

飲み会や遊びは大事ですが、無理な支出は避けましょう。

見栄を張って誘いを断れずに飲み会に参加してしまうと、気づいたらお金がない状況になり、生活も苦しくなります。

また、会社に勤めていると「新年会・忘年会・送別会」と参加しないといけないイベントもありますが、使えるお金が少ない場合は、断る勇気も必要です。

普段から無理な支出を避けることで消費者金融からお金を借りることもなくなります。

多重債務者(借金地獄)はお金を借りれない?

多重債務者はお金を借りれない?

多重債務者で、借金地獄の状態であることはカードローンやクレジットの審査に影響します。

しかし、多重債務の程度と業者の選択によっては借り入れが可能です。

銀行カードローン・大手消費者金融・中小消費者金融で多重債務でも借り入れが可能かどうかを解説します。

銀行カードローン

多重債務者でも銀行カードローンで借りれますが、審査に通るのは難しいです。

銀行カードローンは金利が安く、総量規制対象外で借り入れができるのが魅力でしたが、過剰貸付の問題によって借り入れできるのは「年収の3分の1まで」と厳しくなりました。

金融庁が出している「銀行カードローンの実態調査結果について(平成30年8月22日時点)」での調査でも、銀行の融資審査が厳しくなっているのがわかります。

金融庁は、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進するため、2017年9月から、銀行カードローン残高の多い先を中心とする12行に立入検査を実施
引用元:銀行カードローンの実態調査結果について

たとえ総量規制の上限までに借り入れの枠が残っていても、多重債務の状態であれば銀行カードローンで借りるのは審査が通るのは難しいでしょう。

大手消費者金融

多重債務者はお金を借りれない?

大手消費者金融の「プロミス・SMBCモビット・アコム・アイフル」では銀行カードローンよりも審査のハードルは低くなります。

多重債務者でも総量規制に違反しない限りは借り入れが可能です。

また、アコム、プロミス、アイフルであれば30日間の無利息期間があり、最短即日でお金を借りる事ができます。

参考までにプロミスの審査基準について、以下の記事で解説しています。

プロミスの審査基準を解説

中小消費者金融

中小消費者金融は多重債務者でも借りれます。

多重債務者であっても中小消費者金融の「フタバ・フクホー・ライフティなど」でも総量規制「年収の3分の1まで」あれば借り入れは可能です。

ブラックでも即日融資OK!審査が甘い消費者金融3つ

大手消費者金融との違いは「金融ブラック」でも審査に通る可能性があることです。

大手消費者金融で審査が通らなかった場合は中小消費者金融で試してみましょう。

SPONSOR LINK

まとめ

多重債務者で返済が困難な方は自分の状況にあった債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)の手続きを検討してみましょう。

自分で解決するのではなく弁護士に一度相談することで借金の負担が減り、完済ができる見込みが生まれます。

また、多重債務にならない為にも日頃から自身の収入と支出を管理して買い物や人付き合いをすることを心がけることが大事です。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA