ブラックOK
ブラックへの融資がOKな消費者金融【ブラックの程度を解説】

ブラックへの融資がOKな消費者金融【ブラックの程度を解説】

ブラックでも融資は可能ですが、同じブラックでも、その状態や程度によって審査結果が変わります。

この記事では、ブラックでもお金を借りる方法やブラック状態の詳細、審査に通るポイント、おすすめの消費者金融をご紹介します。

SPONSOR LINK

サクッと読む見出し

ブラックOK!融資可能なところは中小消費者金融(銀行は不可)

ブラックでも融資は可能

中小消費者金融ならば可能性あり

中小消費者金融ならば、ブラックの人でも借り入れできる可能性があります。

ただし、審査に通るかどうかは「ブラックの程度・内容」によりますし、借入金額も通常は10万円未満です。

ブラックでも融資が可能な3社 ⇓(下に飛ぶ)

ブラックでも審査に通る場合は?

金融事故を起こすと、その記録が信用情報に掲載され、ブラックとなってしまいますが、金融事故の内容は以下の9つに分けられます。

  1. 長期延滞…61日以上または3ヶ月以上、支払いの延滞をしている。
  2. 任意整理…弁護士に依頼をして、借金を減額する手続き。
  3. 個人再生…多額の借金を、財産を残したまま、大幅に減額し、3年で完済する手続き。
  4. 特定調停…簡易裁判所を通じて、借金を減額する手続き。
  5. 自己破産…裁判所に返済不能な借金であることを認めてもらい、返済を免除してもらう手続き。
  6. 過払い金請求…手続き先の会社で社内ブラックとなる。
  7. 申込みブラック…1ヶ月に3~4件の申し込み件数があること。
  8. 代位弁済…ローンの返済できなくなり、保証会社が代わりに返済をすること。
  9. 強制解約…クレジットカードや携帯電話料金の滞納で、強制的に解約されること。

2~5は債務整理に当たりますが、手続きから年数が経っていて、現在は収入が安定しているようなら、中小消費者金融の審査に通る可能性があります。

債務整理について詳しく解説 ⇓(下に飛ぶ)

1の長期延滞は、問題が解決(完済)されていれば、審査に受かる可能性があります。

過払い金請求は、請求先の業者では永久に社内ブラックとなり、審査落ちとなるでしょう。

消費者金融にもよりますが、中小の消費者金融は広告費用が少ないので、テレビCMなどでの宣伝ができません。

そのため顧客獲得には力を入れていますので、多少の内容は考慮してもらえる可能性が高いです。

SPONSOR LINK

銀行・大手消費者金融はブラックだと融資が不可能

銀行系のカードローンや大手消費者金融では、信用情報に事故情報がある場合、融資は即NGとなるでしょう。

審査がコンピュータで行われる

大手の銀行や消費者金融は、スコアリングシステムといって、審査をコンピューターで行っています。

そのため信用情報を取得すると、コンピューターに反映され、事故情報があれば即断りの対象となります。

過去に返済が滞ったり、返済ができなかった人にお金は貸したくないですよね。

ブラックでも銀行融資は可能?

中小消費者金融は柔軟な独自の審査

中小消費者金融は柔軟な独自の審査

中小消費者金融は柔軟な独自の審査を行うので、信用情報で即NGになることはありません。

中小の消費者金融は、大手のようなコンピューター審査ではなく、担当者の手作業で審査を行うところが多くあります。

信用情報に長期延滞や債務整理などの記録が残っていても、毎月の返済が大丈夫と判断されれば、審査に通ることが可能です。

ブラックでも借りられる消費者金融5選

鬼ブラックでも借りられる消費者金融5つ|申し込みブラックOK

ブラックでも融資の審査に通る6つのコツ

ブラックの状態からの新規申込みで審査に通るコツを説明します。

絶対に審査に通るという保証はありませんが、少なくとも下記のコツを知っておけば可能性は高くなります。

  1. 虚偽申告は絶対にしない
  2. 希望金額は10万円未満に!
  3. 無職、健康保険未加入者は借りれない
  4. 延滞中は審査NG
  5. 多重申込みをしない
  6. 他社からの借り入れは4件以内にする

それぞれについて解説します。

1.虚偽申告は絶対にしない

信用情報の照会で全部分かる

信用情報の照会で全部分かる

審査の申込みをした時点で信用情報を照会するため、他社の借り入れ状況はすべて分かってしまいます。

審査に通りたいばかりに、他社からの借り入れ件数や金額を少なく申告すると「この人は嘘つきである」と判断され審査には通りません。

嘘つきは信用を失くす

申込みの段階で虚偽申告をする人は信用がなく、返済の際も延滞する可能性があります。

逆に申込みの際に正直に内容を申告することで、自分の借金をきちんと把握できていて返済能力がある人だと判断されるので、審査のポイントも上がります。

2.希望金額は10万円未満に!

2.希望金額は10万円未満に!

ブラック状態での融資可能額はとても低いことを理解しておきましょう。

審査に通るだけでもラッキーです。

審査では「希望金額」を伝える

申込みの際に、他社からの借り入れ額や年収とともに必ず聞かれるのが「希望金額」です。

審査で金額が決まるのだから、希望金額はいくらでもよいのでは?と思う方もいるでしょう。

しかしこの「希望金額」はかなりの重要ポイントです。

希望金額よりも審査結果の融資可能金額が多い場合は問題ありませんが、逆の場合は問題です。

例えば、希望金額が20万円で、審査結果が10万円だった場合、この10万円を借りても、他社で更に10万円借り入れする可能性が高くなります。

多重債務者になる可能性

多重債務者になる可能性

希望金額が届かず、他社での借り入れを増やすと多重債務者になる可能性があります。

ただでさえブラックの状態から更に多重債務になってしまえば、返済ができなくなる恐れがあります。

もちろん希望金額と他社の借り入れ残高が、合算で総量規制の金額を超えてしまうのは問題外です。

なぜ「10万円未満」?

「10万円未満」というところにもポイントがあります。

法律的な問題で、10万円未満の貸し付け金額の利息は、利息制限法と出資法で上限金利が年20.0%となっています。

そのため、金融業者としても一番高い利息で取引きができるからです。

3.無職、健康保険未加入者はNG

3.無職、健康保険未加入者はNG

安定した収入があることは、融資の審査に通るための最低限の条件です。

無職では返済することはできないからです。

パート・アルバイトでも良い

正社員である必要はありませんが、パートでもアルバイトでもよいので、必ず定職に就くようにしましょう。

できれば収入証明書があると、信憑性が高くなり信用できると考えられます。

ブラックでも高い信用が得られれば、融資を受けられる確率はぐっと高くなります。

健康保険の未加入もNG

健康保険の未加入もNG

また健康保険の未加入は、国民の義務をまっとうしていないということでNGです。

健康保険料未払いの場合に交付される医療費全額負担の「資格証明書」では、借り入れ申込みはできません。

無職・失業中でもお金が必要という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

無職・失業中でもお金を借りる方法|年金受給者・主婦・学生

無職・失業中でもお金を借りる方法|年金受給者・主婦・学生

4.延滞中は審査NG

他社での借り入れ延滞中の申込みは、絶対にNGです。

他社の返済をするために借り入れをしたい、という理由はもっともらしく聞こえますが、現状の借り入れの返済もできないのに新たに借り入れを増やして返済ができるとは思えません。

1日でも1ヶ月でも、遅れは遅れです。

必ず延滞を解消してから申込みをしましょう。

5.多重申込みをしない

5.申込みしすぎない

不安や焦りから、申込みをしすぎると「申込みブラック」の状態になってしまい、即断りの対象になってしまいます。

1ヶ月以内での申込みは多くても3件以内に留めて、それでもダメなら半年間は諦めましょう。

そして重要なのが、どこに申込みをしたかを、自分でしっかりと把握しておくことです。

金融業者によっては、どこに申込みをしたかを聞いてくるところもあります。

申込みを把握しておけば、そういった質問にも答えられますし、同じ金融業者へ重複して申込みすることも防げます。

6.他社からの借り入れは4件以内にする

他社からの借り入れ件数は、4件以内にしておきましょう。

一般的に消費者金融で審査に通るギリギリの件数は、4件と言われています。

もし残高が少ないところがあれば、頑張って完済して、1件でも件数を減らしてから申込みをしましょう。

そもそもブラックの状態とは?

そもそも金融ブラックとは?

ブラックに明確な定義はない

「ブラック」には明確な定義はありません。

金融業界において実際に「ブラックリスト」というものは存在せず、こんな状態がブラックだという明確な定義もありません。

一般的には、金融事故を起こしたり、返済能力に大きな不安材料を持っているような状態を「ブラック」と言います。

金融事故とは債務整理や返済の長期延滞を指します。

金融事故が共有される仕組み

金融事故が共有される仕組み

あなたが金融事故を起こしてしまうと、その情報は信用情報機関に一定期間登録され、借り入れ申込みの際に必ず照会されます。

この信用情報機関は、日本国内に3つあります。

金融機関や貸金業者は、いずれかの信用情報機関、または複数の信用情報機関に加盟し、情報の登録と共有を行っています。

審査の際に、登録された情報を照会することで、申込者の返済能力を審査します。

また、信用情報を照会するとともに、申込み内容や取引内容を情報機関に登録します。

つまり、あなたが金融事故を起こせば、漏れなく信用情報機関に登録され、審査では大きなマイナス要因になります。

ブラック情報の詳細

「ブラック情報」の内容は、以下の3つに分けることができます。

  1. 金融ブラック
  2. 社内ブラック
  3. 申し込みブラック

もう少し詳しく見ていきましょう。

1.金融ブラック

1.信用情報ブラック

金融ブラックとは主に「長期延滞」や「債務整理」の状態を言います。

①長期延滞

CICの場合、入金履歴は2年分見ることができ、支払いの延滞をすると「A」というマークがつきます。

「Aマーク」は、61日以上または3ヶ月以上の延滞で金融事故となり、登録されます。

厳密には、取引きしている金融機関の判断で、事故情報として登録するかどうかを決めています。

CICの「Aマーク」は、ローンやスマホの分割ローンを組むにあたって、かなりのマイナス要素となります。

JICCの場合は、3ヶ月以上の延滞で事故情報として登録されます。

②債務整理

②債務整理

債務整理と呼ばれるものには

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産
  4. 過払い金請求

という代表的な4つの手続きがあります。

もっと厳密に言うと「特定調停」というものもありますが、どれも合法的に借り入れ残高を減らしていくための手続きです。

②-1.任意整理

任意整理は、債権者と話し合いをして返済方法を決め直し、将来利息や遅延損害金をカットしてもらう方法です。

弁護士や司法書士が受任通知を送付した時点で督促は停止します。

②-2.個人再生

②-2.個人再生

個人再生は裁判所を通じて、借金の大幅な減額を行うことが可能です。

多重債務者の将来を考え再生を目指した方法で、マイホームや車といった財産は残すことができます。

再生計画が認可されると最大で90%の減額が可能になります。

②-3.自己破産

自己破産は破産申立書を裁判所に提出して免責許可をもらい、借金を免除してもらう手続きです。

裁判所は、収入財産、借金の残高を計算し、返済を免除します。

その代わりほとんどの財産が処分され、就ける仕事や日常生活の中にも制限がでてきます。

国の機関紙である「官報」にも名前が記載されます。

②-4.過払い金請求

②-4.過払い金請求

今まで支払ったグレーゾーン金利の利息を計算して、今後の返済利息を減額したり、超過分は返還請求したりする手続きです。

但し、2010年以降の取引きに関しては対象外です。

これらの事故情報が信用情報に登録をされている期間中は、一般的に新しい借り入れは難しくなります。
(過払い金請求に関しては、以前は事故情報として登録されていましたが、法改正と共に信用情報に登録がなくなりました。)

債務整理の手続きについてはこちらの記事で、より詳細に解説しています。

債務整理で借金問題の解決へ

多重債務者が借金地獄から抜け出すための4つの解決方法

③登録ミス

稀にですが、ブラック情報が削除されていなかったり、誤入力やシステムエラーにより誤った事故情報が登録されている場合があります。

入力ミスは絶対にないとは言い切れません。

金融事故を起こした覚えがまったくない場合や、事故を起こした取引きが終了して10年以上経っているのに審査に続けて落ちてしまった場合は、信用情報機関に「開示請求」することをおすすめします。

なぜ審査に通らないのかが分からないまま、焦って複数の会社に申込みをしてしまうと、「申込みブラック」になる可能性があります。

開示請求の申込み方法は信用情報機関によって異なり、利用手数料はかかりますが、郵送やインターネットでできます。

2.社内ブラック

2.社内ブラック

社内ブラックとは文字通り、借り入れ先の金融機関の社内でのブラック情報です。

信用情報の事故情報は、一定の登録期間が過ぎれば削除されます。

個人の信用情報を自社の情報として登録

個人の信用情報を知り得た会社(取引中や、融資の申込みを受けた会社)は、自社の顧客情報リストに情報を登録します。

自社の情報として残しておけば、信用情報機関から事故情報が削除されても、過去にどんな状態だったのかが分かります。

金融機関としては、金融事故を一度でも起こした人には、できればお金を貸したくありません。

貸すとしても情報があれば内容をよく吟味して審査することができます。

過払い金請求も登録

過払い金請求も登録

過去に過払い金請求を行った場合、事故情報として信用情報には登録されませんが、請求された会社は情報を残しておきます。

再度の借り入れは難しいと考えておいた方がよいでしょう。

3.申し込みブラック

申込みブラックとは、一定期間内における申込み件数が多い状態のことを指します。

申込み件数が多いと?

申込み件数が多いと「今後も債務を増やす恐れあり」「問題があるから借り入れができないのでは」と判断され、断りの対象となるのです。

仕組みですが、審査の申込みをすると、申し込み件数として信用情報にカウントされます。

この「申込み件数」は半年間は登録されたままになります。

一ヶ月で3~4件ほどの申込みはNG

一ヶ月で3~4件ほどの申込みは「申込みブラック」として敬遠されます。

また、件数が多いと申込みを受けた金融機関は、申込み情報を自社情報に登録してしまうので、社内ブラックにも繋がります。

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

金融ブラックと申込み・社内ブラックの状態を分かりやすく解説

余談ですが…

余談ですが…

過去に私が受けたお客様の中には、申込み件数が当日42件、前日13件という、ものすごい方がいました。

しかし信用情報には他社の借り入れに関する登録内容が一切なく、申込みの件数だけがものすごい数なのです。

その場で社内情報をチェックしてみると、案の定「申込み件数多い」「過去に自己破産歴あり」といった情報が上がってきました。

お断りの連絡を入れたのですが、お客様は申込みをしすぎて、自分でもどこに申込んだかさえ覚えていませんでした。

もちろんそのお客様に関しては、その日の情報も上書きしました。

社内ブラックは自社での審査だけでなく、グループ会社や、保証会社の審査においても参照されるので、申込みには注意が必要です。

どこがいい?ブラックでも融資可能な消費者金融3社

ブラックでも借り入れ可能な中小消費者金融3社

ブラックでも比較的柔軟な対応を期待できる「中小の消費者金融」を3社、紹介します。

フクホー

全国規模のフクホーは、自己破産歴や任意整理中のブラックの状態でも契約が可能と、評判の消費者金融です。

インターネットや電話で24時間申込みOKで、書類のやり取りは、郵送以外にもセブンイレブンのマルチコピー機から契約書類を受け取れます。

審査時間は通常1週間程度

審査時間は通常1週間程度

即日融資も可能と宣伝していますが、実際には融資まで通常1週間程度かかると言われていて、ブラックの場合はさらに時間がかかると思っておいた方がよいでしょう。

急いでいる場合は、大阪の店舗に来店すれば比較的早く進みます。

申し込み条件

申込み条件に関しては、自営業者や健康保険未加入者はNGとあらかじめホームページに記載されているので、自分が申込みができるかどうか事前に確認できます。

新規申込みに関しては、最大で50万円までとなっていますが、ブラックの状態では10万円未満の融資がほとんどです。

フクホーは、カードローンではなく「証書貸付」なので繰り返しの利用はできませんが、返済をきちんと続けると半年程度で増額が可能です。

必要書類は「本人確認書類」「収入証明書類」「本籍地記載の住民票」と最低でも3種類が必要です。

フクホー 基本データ
年利
(実質年率)
①7.3%〜20.0%
②7.3%〜18.0%
③7.3%〜15.0%
借入限度額 ①5万円〜10万円未満
②10万円〜100万円未満
③100万円〜200万円未満
返済方式 元金自由返済方式または
元利均等返済方式
申込み条件 ・満20歳以上
・本人に安定した収入がある
担保・保証人 原則不要
遅延損害金
(年利)
20.0%

(2018年5月時点での調査に基づく)

フクホーはブラックでも審査に通る?

フタバ

フタバ

中小の消費者金融として有名なフタバは、昭和38年設立でとても長い歴史があります。

銀行系のカードローンや大手消費者金融の審査に落ちてしまった方におすすめです。

スピーディーな審査

審査はスピーディーで、インターネットや電話で申込みができ、当日14:30までに審査から契約まで完了していれば、書類の郵送やり取りなしで、即日融資も可能です。

通常2時間程度で審査結果が出ますが、断りの場合は連絡自体がこないこともあるようです。

申込みページにも、他社の借り入れは4件までと記載されているので、自分の借り入れ状況と照らし合わせましょう。

土日祝日は休み

土日祝日は休み

土日祝日は休みなので、週末の申込みは審査や融資が翌週になる場合があります。

フタバはスタッフがすべて女性の、女性向け商品「レディースフタバ」もあるので、初めての申込みする方や、男性スタッフが不安な女性の方にはおすすめです。

他にも初めての利用なら、30日間の無利息期間サービスがあり、お得です。

しかし、中小の消費者金融にしては審査が厳しいという口コミもあるので、ブラックの人はダメ元で申込んだ方がよいかもしれません。

フタバ 基本データ
年利
(実質年率)
14.959%〜17.950%
借入限度額 10万円〜50万円
返済方式 元利均等返済方式
申込み条件 ・満20歳以上、70歳以下
・本人に安定した収入がある
担保・保証人 不要
遅延損害金
(年利)
19.945%以内

(2018年5月時点での調査に基づく)

ブラックOK!フタバの審査を口コミ・評判から徹底解剖

セントラル

セントラル

セントラルは、昭和48年創業で四国地方を中心に展開する「地域密着型」の消費者金融です。

現在では、都内4店舗、横浜、大宮を合わせて、関東に6店舗もの無人店舗を設置してエリアを拡大しています。

「セブン銀行」と提携

セントラルは「セブン銀行」と提携するなど、全国規模で利用しやすくなりました。

しかも大手消費者金融と同様に、契約日の翌日から30日間の無利息期間サービスもあります。

セントラルは申込み方法が多数あり、パソコンやスマホからは24時間365日申込みが可能です。

即日融資も可能

14時までに振込の手続きが完了すれば即日の振込み融資も受けられます。

店頭窓口や、土日祝日も契約可能な自動契約機でも即日融資が受けられ、コンビニのマルチコピー機を利用したFAXでの申込みや、郵送での申込みも可能です。

審査に通りやすく、接客もかなり親切丁寧という口コミが多いのも魅力のひとつです。

女性専用ダイヤルもあるので、初めての申込みで不安な方にもおすすめです。

セントラル 基本データ
年利
(実質年率)
①②4.8%〜18.0%
③4.8%〜15.0%
借入限度額 ①1万円〜30万円未満
②30万円〜100万円未満
③100万円〜300万円
返済方式 残高スライドリボルビング方式
申込み条件 ・満20歳以上
・本人に安定した収入がある
担保・保証人 不要
遅延損害金
(年利)
20.0%

(2018年5月時点での調査に基づく)

セントラル審査はブラックOK?特徴は中堅と大手の良いとこ取り!

中小消費者金融を闇金と間違えない!

中小の消費者金融の申込み時の注意ポイント

中小の消費者金融は多数あるものの、大手とは異なり、広告費や人件費を削減しています。
(2010年3月時点で2,589社 : 金融庁調べ

そのため知名度が低く、なかなかどこが良いのかを見極めるのが難しくなっています。

社名やホームページを模倣した悪徳業者である「ヤミ金」に申込んでしまった!なんていうことのないよう注意する必要があります。

ヤミ金はダメ

ヤミ金とは、国や都道府県に貸金業としての登録を行わずに、法外な金利を取る悪徳の貸金業者です。

「10日で1割のトイチ」「10日で3割のトサン」などに金利が設定されています。

ブラックでもお金を借りる方法|闇金はダメ、絶対!

ブラックでもお金を借りる方法|闇金はダメ、絶対!

正式な貸金業法での利息制限法や出資法の上限金利は年利20.0%ですが、トイチは年利で考えるとなんと単利で365%、複利で3142%になります。

回収業務に関しても、違法な恫喝や脅迫、執拗な取り立てを行い、一度でも利用してしまえば一生つきまとわれ、完済することもできず、法外な利息だけがどんどん増えていきます。

  • 審査なし
  • 誰でも融資OK
  • 簡単審査

このような甘い誘惑には、絶対に関わらないように注意が必要です。

ソフト闇金もある

ソフト闇金もある

他にも「ソフト闇金」と言われる「ヤミ金」の緩いバージョンの貸金業者もあります。

ヤミ金よりも少し低めの金利ながらも、闇金よりも丁寧な対応をして、警察沙汰にならない程度に長く取引させる悪徳業者もあります。

ブラックで申込みに必死な時に、簡単に融資ができるという甘い言葉に乗ってヤミ金と契約してしまうと、一生後悔することになります。

オススメしないソフト闇金!即日融資の甘い言葉に注意

オススメしないソフト闇金!即日融資の甘い言葉に注意

ヤミ金の見分け方

ヤミ金の見分け方としては「貸金業登録をしているか?」ということがポイントです。

金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」を利用することで、正式な貸金業者かどうかを確認することができます。

登録貸金業者情報検索サービス : 金融庁

他にも、日本貸金業協会のホームページからも検索可能です。

【協会員情報】協会員検索 | 日本貸金業協会

まずここで登録を確認し、なおかつ記載されている住所と電話番号が正しいかどうかを確認します。

闇金との接触を避けるには?

闇金との接触を避けるには?

恐いのは、普通の消費者金融に申込んだつもりが「ヤミ金」だったという場合です。

正規の業者の社名だけを真似たり、ホームページを似せて作ったりする悪徳なヤミ金もあります。

社名も住所も一緒なのに、いざ電話をして契約したらヤミ金だったという事例もあります。

万が一、ヤミ金と取引をしてしまったら…

金利が違法な時点で、支払う義務はありません。

断固拒否できる強い意志があれば、払う義務はなく、問題はありません。

しかし怖いからという理由で、支払いを続けてしまえば、一生払い続けることになりかねません。

専門家である弁護士や司法書士に依頼して、できるだけ早く手を打ち、それでもダメなら警察に相談しましょう。

SPONSOR LINK

まとめ

「ブラック」でも融資は受けられますが、申込み先とブラックの内容によって異なります。

まずは自分の状態をよく確認して、今後の返済計画が立てられるか考えた上で申込みをしましょう。

返済するために他社で借り入れを増やしてしまえば、自分の首を絞めているのと同じです。

借金が増えてきたと思ったら、一度、自分の借り入れ状況の見直しをしてみましょう。

即自己破産を考えなくても、弁護士や司法書士の中には無料で見積りをしてくれるところもありますし、消費者センターなどに相談してもよいでしょう。

本当に返済できるのかをよく吟味してから、借り入れの申込みをしましょう。

SPONSOR LINK